工場内物流を科学的に改善する 物流作業の定量化と超カンタンIEの活用法(中)
工場での物流作業を改善していくにあたり、あるべき姿を掲げる重要性を認識する必要があります。最も効率よく作業している作業者が業界でベストとは限りません。その上を行く人がいるはずです。そこでムダの無い、ベストの作業をあるべき姿として構築し、それとのギャップを倍率という指標で見ていきましょう。ギャップには欠品の連絡や空箱処理、ピッキング時の迷いや製品同士の絡みほぐしなどさまざまな要因が考えられます。これらを倍率と言う数値で示すことでムダの大きさを顕在化させ、それを無くしていく取り組みを促進していくことが重要なのです。
DAIFUKU NEWS #6.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 3.4 MB

Kein物流改善研究所

神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台17-1-218 

 

TEL:045-350-2367

代表/受付時間10~18時)

 

email;kaizen@keinlogi.jp

 

対象地域

日本全国各地

 

お気軽にご相談ください

物流改善ブログ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に更新しています。

「収益向上に貢献する物流コスト改善のコツ」

http://blog.livedoor.jp/gz0210/

物流改善メルマガ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に発信しています。

「会社収益がみるみる向上する!

 1分でわかる物流コスト改善の

 ツボ」

http://www.mag2.com/m/0001069860.html

お勧めサイト

経営コンサルタント探しの「経営堂」

「IT企業専門の会計士事務所」

山田経営会計事務所

http://www.cpayamada.jp/

プロセスと結果で時代の変化に対応する

株式会社キーロジ

http://www.key-logi.com/

Facebook

Twitter