アウトソーシングと3PL(6)

【お知らせ】
 無料メール動画セミナーを開始いたしました。
 最初のメール動画セミナーは
 「工場の効率を劇的に向上する! ~構内物流の果たすべき 役割はこれだ!~」
 というタイトルで「構内物流の役割」について5回にわたって解説します。
 ぜひこの機会に無料セミナーにご参加下さい。

 <お申込み>
 PCの方はこちらからどうぞ
 → https://24auto.biz/keinlogi/touroku/entryform2.htm
 携帯の方はこちらからどうぞ
 → https://24auto.biz/keinlogi/touroku/sp/entryform2.htm

お陰さまで多くの方にご登録いただきました。この場を借りてお礼申し上げます。
 本無料セミナーは「構内物流を受注しようとしている3PLの方」「工場で物流業務
 に携わっている方」には特にご覧いただきたい内容です。
 ぜひこの機会にご参加下さい。お待ちしております。




まず荷主はここまでの労力は割いて候補会社を決めた方が良いと思います。ただあの会社は誰もが知っている会社だからとか、知人の会社でも使っているから、といった程度の判断基準で決めると「期待を裏切られた」ということにつながる可能性があるのです。

ではRFIを終えたら次に何をすべきでしょうか。ここでぜひやっていただきたいのが「経営者へのヒアリング」です。もし相手企業が大手3PLであれば、経営者でなくともそれなりの権限を持ったポジションの方とお話していただきたいのです。

このヒアリングはぜひ3PLの現場でやるべきなのです。なぜなら、現場に行けばその会社の実力を自分の目で見ることができるからです。

5Sの徹底度合い、在庫の管理状態、作業者の働きぶりなどを自らの目で見て判断しましょう。ここで作業場の床にフォークリフトのタイヤ跡が目立つ会社、フォークリフトに傷が目立つ会社は要注意です。と言いますのも、そのようなタイヤ跡や傷があるということは乱暴な荷扱いをしている可能性を否定できないからです。

まず現場で実態を把握した上で経営者との面談を実施します。その話の中では次のようなことを確認します。
・ 自社が考えていることが経営者の口から語られているか?
・ 継続的な新物流商品開発に熱心か?
・ 継続的なコストダウンに熱心か?
・ 具体的な人財育成に取り組んでいるか?
・ 物流を点でとらえず、SCM全体を考えた取り組みを重視しているか?
要はその会社が明確なポリシーを持って経営を行っているか 、そのための対策を打っているかについて確認することです。

ここまで行えば間違いなく候補会社としてふさわしい会社は絞り込めます。たとえメジャーな会社であっても、自社の求める要求水準に見合わない会社であれば候補から外す勇気を持っていただきたいと思います。

候補会社が決まればいよいよ次のステップは入札です。詳しい仕様書を作成し、それを候補会社に提示します。それに対して回答をもらう訳ですが、その際に必ず「提案事項」を入れてもらうようにしましょう。

次回に続きます。


工場管理 好評連載中! 4月号「これだけ持って行けば万全!海外工場支援者のための『物流指導7つ道具』第6回 道具4 物流会社選定ツール(中)」
http://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0007

Logistics Trend 好評連載中! 4月号「物流のiPS細胞を探せ!!製造SCM進化論 第5回調達物流進化論(下)」
http://www.logistics-trend.com

初回講座で合格率93%をたたき出したスーパー講座!「物流現場リーダー育成講座2013 」
http://www.youtube.com/watch?v=afH_EwY8qfI

Kein物流改善研究所

神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台17-1-218 

 

TEL:045-350-2367

代表/受付時間10~18時)

 

email;kaizen@keinlogi.jp

 

対象地域

日本全国各地

 

お気軽にご相談ください

物流改善ブログ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に更新しています。

「収益向上に貢献する物流コスト改善のコツ」

http://blog.livedoor.jp/gz0210/

物流改善メルマガ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に発信しています。

「会社収益がみるみる向上する!

 1分でわかる物流コスト改善の

 ツボ」

http://www.mag2.com/m/0001069860.html

お勧めサイト

経営コンサルタント探しの「経営堂」

「IT企業専門の会計士事務所」

山田経営会計事務所

http://www.cpayamada.jp/

プロセスと結果で時代の変化に対応する

株式会社キーロジ

http://www.key-logi.com/

Facebook

Twitter