物流コンサルタントの日々改善! 荷主と物流会社のパートナーシップ

今や単純な輸送や倉庫保管といった物流業務よりも、荷主のサプライチェーンをいかに効率的に運営していくかということが物流に課されたテーマであると考えられます。

このようなサプライチェーンの効率的運営には荷主だけの努力ではだめで、物流会社と一体になった活動が求められるのです。

しかも物流会社は「モノを動かす」という活動においては能動的に働くことが必要になります。物流会社は常にサプライチェーンを流れるモノの実態を見ることができるため、そのコントロールにも積極的に関わるべきでしょう。

その一つが「在庫管理」です。在庫管理とは在庫の数を把握するということにとどまらず、将来的な売上が伸びることが想定されればその情報を荷主にフィーダバックすることで売りの機会損失を防ぐことも必要だと考えられます。つまり在庫を増やす方が望ましいと荷主に発信するのです。

輸送ルート変更も同様です。道路や港湾などの物流インフラに変更が生じそうであれば、ルートの変更や物流拠点の見直しなどもサプライチェーンの効率に影響しますので情報を荷主にフィードバックするとともに物流のやり方の変更を提案します。

つまり荷主から指示された通りの物流を物流会社が行うといったスタイルから、物流会社のアンテナに引っかかった情報によって常にサプライチェーンを効率化・高度化していくことが理想の形だと言えそうです。

こういった物流ができてこそ真の3PLだということになるのではないでしょうか。

荷主会社は物流を物流会社に任せきりにすることなく、自ら物流ノウハウを学び逆に物流会社に対してこういった物流に変えられないか、と提案していくべきでしょう。

このように荷主と物流会社とが強力なパートナーシップを結びサプライチェーンを高度化していく企業グループが競争力を持つと考えられます。

お互いの活動は事前にどのようなしくみで行っていくのかについて取り決めておくと効果的です。これにつきましては次回にお話させていただきます。


工場管理 好評連載中! 5月号「これだけ持って行けば万全!海外工場支援者のための『物流指導7つ道具』第7回 道具4 物流会社選定ツール(下)」http://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0007

Logistics Trend 好評連載中! 4月号「物流のiPS細胞を探せ!!製造SCM進化論 第5回調達物流進化論(下)」
http://www.logistics-trend.com

初回講座で合格率93%をたたき出したスーパー講座!「物流現場リーダー育成講座2013 」
http://www.youtube.com/watch?v=afH_EwY8qfI

Kein物流改善研究所

神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台17-1-218 

 

TEL:045-350-2367

代表/受付時間10~18時)

 

email;kaizen@keinlogi.jp

 

対象地域

日本全国各地

 

お気軽にご相談ください

物流改善ブログ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に更新しています。

「収益向上に貢献する物流コスト改善のコツ」

http://blog.livedoor.jp/gz0210/

物流改善メルマガ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に発信しています。

「会社収益がみるみる向上する!

 1分でわかる物流コスト改善の

 ツボ」

http://www.mag2.com/m/0001069860.html

お勧めサイト

経営コンサルタント探しの「経営堂」

「IT企業専門の会計士事務所」

山田経営会計事務所

http://www.cpayamada.jp/

プロセスと結果で時代の変化に対応する

株式会社キーロジ

http://www.key-logi.com/

Facebook

Twitter