トラック構内滞留時間の改善

荷主にとっても物流会社にとっても「トラック構内滞留時間」の改善は物流コスト削減にあたっては重要なアイテムになります。

 

「トラック構内滞留時間」とは、工場や物流センターなどの敷地内にトラックが入ってから出ていくまでの時間のことを言います。

 

トラックの本来の機能は荷物を運ぶことにあります。したがって荷を積み込む、荷を降ろすなどの時間は極力短くする必要があります。ましてもやに荷降ろし待ちなどでトラックが「働かない」時間は排除しなければならないのです。

 

トラックが本来の能力を発揮できるような環境をつくることは荷主、物流会社の責務でもあります。

 

構内の環境整備を行うことでかなりの部分は解消するかもしれません。たとえば必要なトラックポート数を確保する、それぞれのポートにフォークリフトを配備する、トラック待機場を設置するなどを行います。しかしそれ以上にトラックの積み込み時刻、荷降ろし時刻」を定め、荷主、物流会社お互いにそれを守ようにしていくことが望まれるのです。

 

さらに詳しくは・・・  http://blog.livedoor.jp/gz0210/archives/51682115.html

            http://blog.livedoor.jp/gz0210/archives/51984677.html

            http://blog.livedoor.jp/gz0210/archives/51682112.html

Kein物流改善研究所

神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台17-1-218 

 

TEL:045-350-2367

代表/受付時間10~18時)

 

email;kaizen@keinlogi.jp

 

対象地域

日本全国各地

 

お気軽にご相談ください

物流改善ブログ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に更新しています。

「収益向上に貢献する物流コスト改善のコツ」

http://blog.livedoor.jp/gz0210/

物流改善メルマガ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に発信しています。

「会社収益がみるみる向上する!

 1分でわかる物流コスト改善の

 ツボ」

http://www.mag2.com/m/0001069860.html

お勧めサイト

経営コンサルタント探しの「経営堂」

「IT企業専門の会計士事務所」

山田経営会計事務所

http://www.cpayamada.jp/

プロセスと結果で時代の変化に対応する

株式会社キーロジ

http://www.key-logi.com/

Facebook

Twitter