物流作業の生産性管理

物流作業の生産性管理をどのように行うか。競合他社に負けないためにはしっかりと指標をつくってその内容について把握していくことが望まれます。

 

梱包作業にしろ、ピッキング作業にしろ、運搬作業にしろ、それぞれについて今の生産性がよくなっているのか、以前と変わりが無いのかは数字でとらえるしかありません。

 

最も簡単なやり方は物流作業KPIを決めて定期的にその結果をウオッチしていくことでしょう。

例えば次のようなKPIが考えられます。

 

・一人一日当たり運搬量

・一人一時間当たりピッキング行数

・一人一日当たり梱包数

 

こういった結果系指標はこまめに仕事の結果を記録することで把握が可能となります。したがって無理なく生産性を管理するためにはこの方法が良いと思われます。

 

このKPIで目標値を設定し、それの達成度を見ていくことでどれくらい生産性が向上したかについてわかります。

 

さらに物流標準時間を設定し、実際の作業時間が標準時間に対してどれくらい乖離しているかを見ていく方法もあります。

 

この物流標準時間については別途項目を設けて解説したいと思います。

 

更に詳しくは・・・  http://blog.livedoor.jp/gz0210/archives/51818057.html

           http://blog.livedoor.jp/gz0210/archives/51993255.html

           http://blog.livedoor.jp/gz0210/archives/51993259.html

Kein物流改善研究所

神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台17-1-218 

 

TEL:045-350-2367

代表/受付時間10~18時)

 

email;kaizen@keinlogi.jp

 

対象地域

日本全国各地

 

お気軽にご相談ください

物流改善ブログ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に更新しています。

「収益向上に貢献する物流コスト改善のコツ」

http://blog.livedoor.jp/gz0210/

物流改善メルマガ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に発信しています。

「会社収益がみるみる向上する!

 1分でわかる物流コスト改善の

 ツボ」

http://www.mag2.com/m/0001069860.html

お勧めサイト

経営コンサルタント探しの「経営堂」

「IT企業専門の会計士事務所」

山田経営会計事務所

http://www.cpayamada.jp/

プロセスと結果で時代の変化に対応する

株式会社キーロジ

http://www.key-logi.com/

Facebook

Twitter