すっきりした物流現場のつくり方 物流倉庫でのしつけ

物流現場を訪問すると非常にすっきりとした現場に出会うことがあります。こういった現場から生み出される物流はさぞかし高品質であると考えられます。

一方で雑然とした物流現場からは間違いや商品損傷などが発生するような心配感が出てしまいます。

こういった第三者が見た印象は結構当たっているものです。当然のことですが、汚らしい現場を持つ会社には顧客は発注しないものです。

5Sの5番目のSが示すものは「しつけ」です。筆者はしばらくの間中国に住んでいたことがありますが、その時にこの「しつけ」の大切さについて痛感しました。

日本では製品を「投げてはいけない」とか「床に直接置いてはならない」などといったことを口やかましく言うことはありません。なぜなら日本ではこういったことは「常識」の範囲内であり、あえて言うまでもないと考えられるからです。

しかし海外ではこの「常識」は「常識」ではありません。きちんと相手に伝え、それを守らせるようにしつけていかなければならないのです。

現場の整理整頓を行い、すっきり感を持たせることもしつけの一つなのです。海外ではここができていなければ顧客から満足を得られる現場を構築することが困難なのです。

中国では埃だらけの倉庫、ゴミがあちこちに落ちたまま、作業者はサンダル履きで仕事を行う、ものは平気で放り投げ、製品をそのまま床置き、・・・こんなことが日常茶飯事だったわけです。

こういった状況でも仕事が成り立っていたのは、現地での顧客もそれで良しとしていたからではないでしょうか。

そのような物流現場から出荷される製品の品質は推して知るべしです。この点が日本の求める品質水準とまるで異なるのです。

次回に続きます。


物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

工場管理 好評連載中! 3月号「工場収益をメキメキ向上させる!工場管理者のための物流アウトソース成功の秘訣 最終回 委託先との共同改善活動の実施」
http://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0007

Kein物流改善研究所

神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台17-1-218 

 

TEL:045-350-2367

代表/受付時間10~18時)

 

email;kaizen@keinlogi.jp

 

対象地域

日本全国各地

 

お気軽にご相談ください

物流改善ブログ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に更新しています。

「収益向上に貢献する物流コスト改善のコツ」

http://blog.livedoor.jp/gz0210/

物流改善メルマガ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に発信しています。

「会社収益がみるみる向上する!

 1分でわかる物流コスト改善の

 ツボ」

http://www.mag2.com/m/0001069860.html

お勧めサイト

経営コンサルタント探しの「経営堂」

「IT企業専門の会計士事務所」

山田経営会計事務所

http://www.cpayamada.jp/

プロセスと結果で時代の変化に対応する

株式会社キーロジ

http://www.key-logi.com/

Facebook

Twitter