エンジニアリングとしての物流(2) 荷姿設計業務

「荷姿設計業務」。これもオペレーション開始前にやっておくべき重要エンジニアリング業務です。荷姿はいろいろな機能に影響を与える重要機能です。

効率的な荷姿はコンパクトかつ中身がたくさん格納できる荷姿です。このような荷姿を設計すれば保管エリアが小さくて済みます。

1台のトラックに多く積載することが可能となるため、輸送効率が向上します。構内物流での運搬でも同様のことがいえます。

つまり効率的な荷姿を設計できる能力があれば、保管、輸送、荷役などの関連機能の効率化に寄与できるということになるわけです。

そこで物流設計を行うエンジニアでもとりわけ荷姿エンジニアは重要だということです。もし多くのスタッフを確保できないのであれば、優先的に荷姿エンジニアを充てていったらよいと思います。

調達スタッフも意識する必要があります。荷姿で必要となる容器や資材を購入する際に、その価格の妥当性を判断できる調達スタッフは会社の収益に影響を与える観点から重要になってきます。

荷姿に限らず、AGVやコンベアなどの物流設備も購入することになるでしょうから、調達スタッフが価格の妥当性を精査する必要があります。

調達スタッフはこのようなハードウエアの購入だけではなく、運送や構内荷役などのサービスを購入する際にも力を発揮します。

要は外部から購入する物流関連のものであれば、ハード、ソフトに限らずきちんと価格の妥当性や品質などを判断する役割が調達スタッフに課されているといえるでしょう。

その意味からも調達スタッフも物流エンジニアの一員であると考えられます。

次にオペレーション開始後の物流について考えていきましょう。物流設計でその会社の物流効率は大方決定してしまいます。

しかしまったく改善の余地が無いわけではありません。この改善を行っていく行為がオペレーション開始後のエンジニアリングとしての物流ということになります。

たとえばトラック運送を例に挙げて考えてみましょう。トラックはその保有する能力をどこまで使い切るかが物流効率に関わってきます。

トラックにどのように混載をかけていくか。巡回しながら最終積み込みポイントで満載とする。日々の荷量を見ながらルート組みを行うこともまさしくエンジニアリング業であると考えられます。

なおかつ荷物同士が積み重ねできるように容器モジュールを作っていくことも重要なエンジニアリング業務です。

次回に続きます。


■東京で構内物流のセミナーを実施します!

 『工場の効率を劇的に向上させる!
  構内物流の果たすべき役割』

 日 時:2017年4月18日(火) 10:00~17:00
 場 所:東京・渋谷近辺の会議室
     
 詳細は以下をご参照ください。

 http://www.j-ie.com/activity/ie-seminar/manufacturing-innovation/post-16963/

■メーカー・流通研究会を開催します。

 『≪第23回≫ メーカー・流通研究会
  カンコツ仕事から脱皮し物流を科学する!
  ~超簡単 分析手法で物流生産性を数値化せよ!~』

 日 時:4月21日(金) 16:00~18:00
 場 所:国際物流総合研究所 セミナールーム

 詳細は以下をご参照ください。

 http://www.e-butsuryu.jp/seminars/564

■日刊工業新聞社 工場管理 新連載スタート!

 「工場全体を効率化できる 物流のトリセツ
『第6回 サプライチェーンマネジメントに取り組もう』」

 http://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0007

■日刊工業新聞社 プレス技術 好評連載中!

 「暗黒大陸の物流改善大作戦 ~プレス工場を大変身させる秘密の裏ワザ~ 
   『第19回 調達物流改善の取組み(下)』」

 http://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0003

★物流インターネットセミナーを始めました!★ ダイジェスト版をご覧いただけます!

『成功の秘訣はココにあった!達人が伝授する荷主会社のための物流アウトソース戦略』
https://www.youtube.com/watch?v=cX5M0n9tA-Y

『中小物流会社のための事業拡大戦略~荷主会社OBが本音で語る 取引したくなる物流会社~』
https://www.youtube.com/watch?v=QarBkSVoxCI

『消費増税はライバルより一歩抜きん出る絶好のチャンスだ!~荷主から選ばれる会社に変身する黄金ルール』
https://www.youtube.com/watch?v=ZBw0o-_BlnE

物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

Kein物流改善研究所

神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台17-1-218 

 

TEL:045-350-2367

代表/受付時間10~18時)

 

email;kaizen@keinlogi.jp

 

対象地域

日本全国各地

 

お気軽にご相談ください

物流改善ブログ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に更新しています。

「収益向上に貢献する物流コスト改善のコツ」

http://blog.livedoor.jp/gz0210/

物流改善メルマガ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に発信しています。

「会社収益がみるみる向上する!

 1分でわかる物流コスト改善の

 ツボ」

http://www.mag2.com/m/0001069860.html

お勧めサイト

経営コンサルタント探しの「経営堂」

「IT企業専門の会計士事務所」

山田経営会計事務所

http://www.cpayamada.jp/

プロセスと結果で時代の変化に対応する

株式会社キーロジ

http://www.key-logi.com/

Facebook

Twitter