エンジニアリングとしての物流(3) 荷姿改善と倉庫の有効活用

 

オペレーション開始後のエンジニアリングとしての物流はどちらかというと、今の物流を改良する点に重点が置かれます。なぜならまっさらにしてやり直すことは困難だからです。

 

 

 

そんな中でも比較的やりやすいものが荷姿でしょう。荷姿を改善することで保管エリアが縮小され、必要容器数も少なくて済みます。

 

 

 

一番大きな効果は輸送費が少なくなることです。トラックにピッタリとはまる荷姿とすることで、荷台の上のロススペースを解消できるのです。

 

 

 

ということで、エンジニアリングとして取り組むべきは特に長距離輸送を伴う物流に使用する荷姿の改善です。

 

 

 

輸出入コンテナの中を覗いてみましょう。荷は隙間なく入っているでしょうか。もしロススペースがあるとしたらそれは荷姿に改善の余地があるということです。

 

 

 

コンテナ内で上の方にスペースが空いていたとしたら、そこを有効に活用するように荷姿を変更しましょう。これはトラックでも同様です。

 

 

 

倉庫の有効活用でも物流エンジニアリングは威力を発揮します。倉庫では保管効率と作業効率の両立が求められます。

 

 

 

でも大方の倉庫ではスペースをかなり余らせており、もったいない限りです。「いやいやうちの倉庫は十分スペースを有効に活用できているよ」という方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

 

そういう方は倉庫を一つの箱ととらえ、その箱の充填率という観点で見て下さい。つまり上方スペースを有効に活用しているか、という視点です。

 

 

 

庫内高さが10mあっても4mまでしか使っていない倉庫が多々あります。通路スペースが40%だとすると、保管スペースすべて4mで置いていたとしても、60%(保管場率)×40%(高さ活用率)でわずか24%しかその倉庫を活用できていないことになります。

 

 

 

4mすべて使い切ることは稀でしょうから、実質は20%を切ることがほとんどです。いかがでしょうか。ちょっと驚きの数字かもしれませんね。

 

 

 

物流エンジニアリングを進めてくためにはこのようなKPIを持ち、その目標値を定めて活動を進めていくとよいでしょう。

 

 

 

いずれにしましても物流は生産や販売、調達などの活動の後追いではなく、自ら進んで効率的なものにしていく活動が必要です。

 

 

 

物流は最初が肝心。常に「物流を発生させない」ことを第一に活動していきましょう。なぜなら発生してしまった物流を無くすことは困難だからです。

 

 

 

発生してしまった物流については改良が必要です。どこを攻めれば効率がよいのかを見定めてエンジニアリングとしての活動を心がけましょう。

 

 

 

 

 

■東京で構内物流のセミナーを実施します!

 

 

 

 『工場の効率を劇的に向上させる!

 

  構内物流の果たすべき役割』

 

 

 

 日 時:2017418() 10001700

 

 場 所:東京・渋谷近辺の会議室

 

     

 

 詳細は以下をご参照ください。

 

 

 

 http://www.j-ie.com/activity/ie-seminar/manufacturing-innovation/post-16963/

 

 

 

■メーカー・流通研究会を開催します。

 

 

 

 『≪第23回≫ メーカー・流通研究会

 

  カンコツ仕事から脱皮し物流を科学する!

 

  ~超簡単 分析手法で物流生産性を数値化せよ!~』

 

 

 

 日 時:421日(金) 16:0018:00

 

 場 所:国際物流総合研究所 セミナールーム

 

 

 

 詳細は以下をご参照ください。

 

 

 

 http://www.e-butsuryu.jp/seminars/564

 

 

 

■日刊工業新聞社 工場管理 新連載スタート!

 

 

 

 「工場全体を効率化できる 物流のトリセツ

 

『第6回 サプライチェーンマネジメントに取り組もう』」

 

 

 

 http://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0007

 

 

 

■日刊工業新聞社 プレス技術 好評連載中!

 

 

 

 「暗黒大陸の物流改善大作戦 ~プレス工場を大変身させる秘密の裏ワザ~ 

 

   『第19回 調達物流改善の取組み(下)』」

 

 

 

 http://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0003

 

 

 

★物流インターネットセミナーを始めました!★ ダイジェスト版をご覧いただけます!

 

 

 

『成功の秘訣はココにあった!達人が伝授する荷主会社のための物流アウトソース戦略』

 

https://www.youtube.com/watch?v=cX5M0n9tA-Y

 

 

 

『中小物流会社のための事業拡大戦略~荷主会社OBが本音で語る 取引したくなる物流会社~』

 

https://www.youtube.com/watch?v=QarBkSVoxCI

 

 

 

『消費増税はライバルより一歩抜きん出る絶好のチャンスだ!~荷主から選ばれる会社に変身する黄金ルール』

 

https://www.youtube.com/watch?v=ZBw0o-_BlnE

 

 

 

物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所

 

http://www.keinlogi.jp/

 

Kein物流改善研究所

神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台17-1-218 

 

TEL:045-350-2367

代表/受付時間10~18時)

 

email;kaizen@keinlogi.jp

 

対象地域

日本全国各地

 

お気軽にご相談ください

物流改善ブログ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に更新しています。

「収益向上に貢献する物流コスト改善のコツ」

http://blog.livedoor.jp/gz0210/

物流改善メルマガ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に発信しています。

「会社収益がみるみる向上する!

 1分でわかる物流コスト改善の

 ツボ」

http://www.mag2.com/m/0001069860.html

お勧めサイト

経営コンサルタント探しの「経営堂」

「IT企業専門の会計士事務所」

山田経営会計事務所

http://www.cpayamada.jp/

プロセスと結果で時代の変化に対応する

株式会社キーロジ

http://www.key-logi.com/

Facebook

Twitter