グローバルサプライチェーンへの貢献(4)

以前海外にいた時に物流会社と商社に質問したことがあります。その質問とは「部品をまとめてコンソリデーションし、コンテナを仕立てて輸出できないか」という内容です。

そのコンソリデーションセンターまではその国の中でミルクランをやりながら荷を集めます。集めた荷はコンソリデーションセンターで輸出荷姿に梱包されます。

輸出通関を行い、日本等他国へ海上輸送をかけます。そして到着国で輸入通関を行ったうえで必要工場まで輸送を行います。

もし輸入荷姿をそのまま工場に持ち込むと使いづらい場合には輸入基地で荷姿を変更することも必要になります。

今や資材や部品はグローバルで最も安い所から調達することが一般化しつつあります。そのためには上記のような仕事のしくみが必要です。

これもまさにグローバルサプライチェーンの一つなのです。貿易実務を含め荷主会社は業務のアウトソースを欲しているのです。それができることがグローバルサプライチェーンへの貢献ということにつながります。

今回挙げた事例について自社ですべての業務を行わなければならないのでしょうか。実はそんなことはありません。アライアンスを組みながらできる会社にやってもらうようにしていけばいいのです。

商社はいろいろなところとのアライアンスがありますから、グローバルサプライチェーンを担っていくことは難しくないかもしれません。

では物流会社ではいかがでしょうか。今は難しいとしても徐々にアライアンスを拡大し、1年後にはこのような仕事が来ても対応できるように目標を持って進めていけばよろしいのではないでしょうか。

貿易実務や海上輸送などはどこかとアライアンスを組んでやっていくことが必要になるでしょう。仕事を想定しながらぜひ進めていくことを考えましょう。


次回に続きます。


物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

工場管理 好評連載中! 10月号「工場収益をメキメキ向上させる!工場管理者のための物流アウトソース成功の秘訣 第1回 儲かるアウトソースと損するアウトソース」
http://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0007

Logistics Trend 好評連載中! 10月号「物流のiPS細胞を探せ!!製造SCM進化論 第10回 販売物流進化論(下)」
http://www.logistics-trend.com

Kein物流改善研究所

神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台17-1-218 

 

TEL:045-350-2367

代表/受付時間10~18時)

 

email;kaizen@keinlogi.jp

 

対象地域

日本全国各地

 

お気軽にご相談ください

物流改善ブログ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に更新しています。

「収益向上に貢献する物流コスト改善のコツ」

http://blog.livedoor.jp/gz0210/

物流改善メルマガ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に発信しています。

「会社収益がみるみる向上する!

 1分でわかる物流コスト改善の

 ツボ」

http://www.mag2.com/m/0001069860.html

お勧めサイト

経営コンサルタント探しの「経営堂」

「IT企業専門の会計士事務所」

山田経営会計事務所

http://www.cpayamada.jp/

プロセスと結果で時代の変化に対応する

株式会社キーロジ

http://www.key-logi.com/

Facebook

Twitter