サプライチェーン全体で物流効率化 一括物流とは

私たちが日々買い物に行く先はスーパーマーケットだと思います。昔は魚を買いに魚屋さんへ、野菜を買いに八百屋さんへ、お酒を買いに酒屋さんへと出かけて行きました。

商店街に行くとそういったいわゆる「専門店」が軒を並べ、それぞれの店を渡り歩きながら買い物をしたものでした。

ここで過去形で表現したのは今やスーパーマーケットに行けば何でもそろってしまい、それぞれの専門店に行くことは極めて少なくなったと思われるからです。

スーパーマーケットはワンストップサービスですから消費者にとってこの上もないサービスです。確かに非常に便利です。

物流でもワンストップサービスは喜ばれるかもしれません。実際に物流商品としてのワンストップサービスについて考えてみましょう。

スーパーマーケットではいろいろな商品がいろいろな業者から納品されます。そうなるとスーパーのバックヤードではひっきりなしにトラックが入ってくることになり、商品の受け入れや検品作業で社員があわただしく仕事をすることになります。

スーパー、つまり小売り側からすると、このバックヤード業務を効率化したいと考えると思われます。できればまとまった納品されることでトラック台数も減らしたいと考えるでしょう。

そこで編み出された手法が「一括物流」ということになります。一括物流のしくみは以下の通りとなります。

同一敷地内に卸売業のディストリビューション・センター(DC)と小売業のトランスファー・センター(TC)を同居させます。

この業務の実施主体は卸売業が実施しているケースが多いと思います。彼らはメーカーや別の卸から商品を調達します。

そして小売業から委託を受けて商品の納品作業を行います。その時は当然のことながら、複数のメーカーの複数の商品をまとめて納品することになるのです。

これによって小売り側からするとバックヤード業務が効率化されます。また棚ごとに段取りされたかご車での納品も行っています。

つまり商品の棚入れ準備作業が不要となり、スーパー内の物流作業が大幅に軽減されるということになるのです。

次回に続きます。


■セミナーのご案内

 第七回 メーカー・流通研究会は8月22日に開催します!
 どなたでも参加できますよ!お待ちしております。

 『構内物流の果たすべき三つ役割:第二、第三の役割を理解せよ!

  ~工場内でリーダー的存在となる高付加価値物流とは~ 』

 http://www.e-butsuryu.jp/seminars/442

■日刊工業新聞社 工場管理 に連載を始めました!

 「工場はまだまだ改善余地がいっぱい!
         工場管理者のための物流改善ネタ出し講座」

  8月号 なぜ物流は宝の山なのか

 http://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0007

★物流インターネットセミナーを始めました!★ ダイジェスト版をご覧いただけます!

『成功の秘訣はココにあった!達人が伝授する荷主会社のための物流アウトソース戦略』
https://www.youtube.com/watch?v=cX5M0n9tA-Y

『中小物流会社のための事業拡大戦略~荷主会社OBが本音で語る 取引したくなる物流会社~』
https://www.youtube.com/watch?v=QarBkSVoxCI

『消費増税はライバルより一歩抜きん出る絶好のチャンスだ!~荷主から選ばれる会社に変身する黄金ルール』
https://www.youtube.com/watch?v=ZBw0o-_BlnE


物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

Kein物流改善研究所

神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台17-1-218 

 

TEL:045-350-2367

代表/受付時間10~18時)

 

email;kaizen@keinlogi.jp

 

対象地域

日本全国各地

 

お気軽にご相談ください

物流改善ブログ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に更新しています。

「収益向上に貢献する物流コスト改善のコツ」

http://blog.livedoor.jp/gz0210/

物流改善メルマガ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に発信しています。

「会社収益がみるみる向上する!

 1分でわかる物流コスト改善の

 ツボ」

http://www.mag2.com/m/0001069860.html

お勧めサイト

経営コンサルタント探しの「経営堂」

「IT企業専門の会計士事務所」

山田経営会計事務所

http://www.cpayamada.jp/

プロセスと結果で時代の変化に対応する

株式会社キーロジ

http://www.key-logi.com/

Facebook

Twitter