サプライヤーと共同で取り組む物流改善(3) サプライヤー指導

私たちのタスクはサプライチェーン全体を効率化することにあります。決して物流だけを改善すればそれでよいということではありません。

ですからジャストインタイム調達を実施するにしても、全体の在庫のバランスと工場の生産性と物流について最適な解を求めていくことが理想です。

そしてここで外せないのがサプライヤーの存在です。サプライヤーの協力抜きにサプライチェーンの効率化はできません。

ですからサプライヤーと共同で取り組む改善となるわけです。一方でサプライヤーの立場で考えるとそこまで改善できる人材が乏しいということが現実問題として存在するのです。

物流の改善ができる人は限られていますが、その状況はサプライヤーでも同様です。それを補っていくのが皆さんだと考えて下さい。

サプライヤーに対して「ああしろ」「こうしろ」と口先だけでいう人が多いようですが、それでは改善は進みません。

なぜならサプライヤーとしても「無い袖は振れない」からです。人材がいなければ、ノウハウがなければやりたくてもできないのです。

この状況を察知してフォローできるのがプロの仕事人ではないでしょうか。自分たちのサプライチェーンを効率化したいのであれば、サプライヤーにこのように変わって欲しい、そのやり方はこうである、と適切に話のできる人が望ましいでしょう。

できればモノづくりのやり方についてもある程度の知識があり、それをセットで指導してあげたいものです。

在庫とか物流は何かしらの結果としてあらわれるものです。サプライチェーン上の淀みはその「何かしら」を顕在化させ、たたいていくことが改善につながるのです。

たとえばモノのつくり方やモノの買い方における問題点です。

そのために前後工程で同じ情報を使って同じ数量をつくって運ぶ。これがサプライチェーン清流化の基本でしょう。

ぜひ前工程であるサプライヤーと共同で改善ができるようにさまざまな手を打っていきましょう。その時のキーワードは皆さんの「サプライヤー指導」であることを忘れないようにしましょう。


■『3つの役割を果たす!構内物流改善の進め方』

株式会社グロースベースとKein物流改善研究所との協働制作講座が完成しました!
物流のE-learningは珍しいかもしれません。一部無料で見られますので皆さんもアクセスしてみて下さいね。

https://www.kaizen-base.com/contents/logi-42826/

■日刊工業新聞社 工場管理 10月号 好評連載中!

 「工場全体を効率化できる 物流のトリセツ
『第13回 正しい物流アウトソースの進め方(中)』」

 http://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0007

物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

Kein物流改善研究所

神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台17-1-218 

 

TEL:045-350-2367

代表/受付時間10~18時)

 

email;kaizen@keinlogi.jp

 

対象地域

日本全国各地

 

お気軽にご相談ください

物流改善ブログ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に更新しています。

「収益向上に貢献する物流コスト改善のコツ」

http://blog.livedoor.jp/gz0210/

物流改善メルマガ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に発信しています。

「会社収益がみるみる向上する!

 1分でわかる物流コスト改善の

 ツボ」

http://www.mag2.com/m/0001069860.html

お勧めサイト

経営コンサルタント探しの「経営堂」

「IT企業専門の会計士事務所」

山田経営会計事務所

http://www.cpayamada.jp/

プロセスと結果で時代の変化に対応する

株式会社キーロジ

http://www.key-logi.com/

Facebook

Twitter