パッケージングエンジニアリング(2) パッケージング設計

メーカーではパッケージングの専門部署を設けている会社もあります。欧米では一般的のようですが、日本ではあまりそこまでしている会社は少数派のようです。

その原因は一つにまだまだ物流に対する関心度が低いことが挙げられます。容器を工夫することで物流効率がまったく違ってくるのですが、そもそも物流に対する関心が低いため容器を改善して物流を効率化しようという発想に至らないのです。

仕事としてパッケージング設計が必要になることはわかってはいるものの、その仕事に会社の中のスーパーエリートをつけないということも会社内でパッケージングエンジニアリングが進歩しない要因と考えられます。

これも当たり前のことですが「製品設計」そのものに優秀な人材を充てる会社がほとんどです。どこの会社でも同じですが物流にはそれなりの人しかまわしません。

ここは欧米企業と異なるところで、まだまだ日本では物流の地位が低いことが否定できません。

しかし特に食料品の容器などは明らかに変わってきています。ビール瓶や缶の容器の肉厚を薄くするとともに軽量化することで物流効率を圧倒的に向上させている会社もあります。

消費者の使いやすさとコストを両立させるような調味料用容器も開発されています。つまりすでに包装機能の重要性に気づき、そこに力を入れている会社もあるのです。

ここまで来れば物流業務に対する人材の充て方も変わってくることでしょう。その会社の容器そのものがバリューになっているからです。

一般的に物流はコストと認識されます。しかし物流が付加価値を生むこともあり得るのです。その典型が包装機能でありそれを支えるのがパッケージングエンジニアリングなのです。

物流事業者にもこの包装機能の大切さについてもっと認識して欲しいと思います。物流事業者はパッケージングを荷主の仕事だと言い切ることがありますが、これは物流のプロとしてはいかがなものかと思います。

いかに保管効率が良くなるために包装をどの様にしたらよいのか、いかに輸送効率を向上させるためにはどうしたらよいのか、こういった観点でアドバイスができない物流事業者であれば物流のプロとは言えません。

顧客から頼られ、事業を拡大していく物流事業者はこの包装機能に着目し、的確な方策を立案して実現していかなければならないのです。

次回に続きます。


■大阪で講演を行います!
 
 「勝つための物流力向上~メーカーサプライチェーンを支えるカギ~」

 私たちロジスティクスに携わる者は輸送・保管・荷役・包装・流通加工といった物流
 5機能だけにとらわれてはならない。それは物流という「点」を管理するにすぎない
 からである。これからはさらに視野を広げ、ものづくりや在庫などを含めた「面」を
 マネジメントできる人財が求められる。サプライチェーンとは何か、その最適化と進
 化のカギは何か。メーカーサプライチェーンのスペシャリストが勝つための物流力向
 上について解説する。

 関西生産性本部 ロジスティクス研究会 2015年度
 「物流が拓く~勝つためのロジスティクスビジネス~」

http://www.kpcnet.or.jp/seminar/?mode=show&seq=1591

■講演DVDが発売されました!

 「成功の秘訣はココにあった!達人が伝授する荷主会社のための物流アウトソース戦略 」

 http://ebrainshop01.free.makeshop.jp/shopdetail/000000000151/

■日刊工業新聞社 工場管理 に連載中!

 「工場はまだまだ改善余地がいっぱい!
         工場管理者のための物流改善ネタ出し講座」

  5月号 第10回 宝の山を掘ろう 輸送編

 http://pub.nikkan.co.jp/magazines/detail/00000516

★物流インターネットセミナーを始めました!★ ダイジェスト版をご覧いただけます!

『成功の秘訣はココにあった!達人が伝授する荷主会社のための物流アウトソース戦略』
https://www.youtube.com/watch?v=cX5M0n9tA-Y

『中小物流会社のための事業拡大戦略~荷主会社OBが本音で語る 取引したくなる物流会社~』
https://www.youtube.com/watch?v=QarBkSVoxCI

『消費増税はライバルより一歩抜きん出る絶好のチャンスだ!~荷主から選ばれる会社に変身する黄金ルール』
https://www.youtube.com/watch?v=ZBw0o-_BlnE


物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/


Kein物流改善研究所

神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台17-1-218 

 

TEL:045-350-2367

代表/受付時間10~18時)

 

email;kaizen@keinlogi.jp

 

対象地域

日本全国各地

 

お気軽にご相談ください

物流改善ブログ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に更新しています。

「収益向上に貢献する物流コスト改善のコツ」

http://blog.livedoor.jp/gz0210/

物流改善メルマガ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に発信しています。

「会社収益がみるみる向上する!

 1分でわかる物流コスト改善の

 ツボ」

http://www.mag2.com/m/0001069860.html

お勧めサイト

経営コンサルタント探しの「経営堂」

「IT企業専門の会計士事務所」

山田経営会計事務所

http://www.cpayamada.jp/

プロセスと結果で時代の変化に対応する

株式会社キーロジ

http://www.key-logi.com/

Facebook

Twitter