作業改善と工程改善(3)(物流コンサルタントの日々改善)

作業改善にしろ工程改善にしろ、無付加価値作業や低付加価値作業をなくしていく、あるいは減らしていくことになります。この対象を見つけるに際し効果的なツールがあります。

そのツールがジャストインタイム生産方式における「7つのムダ」です。おさらいになりますが、もう一度確認しておきましょう。

(1)つくりすぎのムダ、(2)手待ちのムダ、(3)運搬のムダ、(4)加工そのもののムダ、(5)在庫のムダ、(6)動作のムダ、(7)不良をつくるムダ

以上の7つになります。これらを頭の中に入れて現場を見れば改善しなければならないポイントがどんどん出てくると思われます。

この改善の対象範囲が個々の工程から工程間まで広がり、そして工場や倉庫全体へと広がっていくことでしょう。さらに協力会社との間や取引先との間へとも広がりを見せることになります。

こうなってくると、もはや点の改善や線の改善にとどまらず、「面の改善」とも言える状況になります。この面の改善では当然のことながら輸送改善を含めたサプライチェーン全体の改善へと波及していくことになります。

作業改善という小さな改善がサプライチェーン改善という大きな改善へと拡大していくのです。こうなってくれば物流のプロの出番となります。

この面の改善では調達物流改善や海外との間の物流改善なども対象となります。ミルクランやクロスドックなどの手法を使いながら大きな改善を担うのはまさに物流のプロなのです。

サプライチェーン改善では物流拠点の統廃合や生産工順の見直し、配送ルートの見直しや在庫保管拠点の変更などが対策として浮上してきます。

面の改善の対象はお金がかかっている部分が多いと思われますので、改善を行うことで会社収益に大いに貢献することができます。

ぜひ点から線へ、そして面まで改善対象を広げ、コスト削減とリードタイム短縮に貢献していきたいものです。


物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

工場管理 好評連載中! 7月号「これだけ持って行けば万全!海外工場支援者のための『物流指導7つ道具』 第9回 道具5 物流評価シート(下)」
http://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0007

Logistics Trend 好評連載中! 8月号「物流のiPS細胞を探せ!!製造SCM進化論 第8回工場内部の物流改善(下)」
http://www.logistics-trend.com

Kein物流改善研究所

神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台17-1-218 

 

TEL:045-350-2367

代表/受付時間10~18時)

 

email;kaizen@keinlogi.jp

 

対象地域

日本全国各地

 

お気軽にご相談ください

物流改善ブログ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に更新しています。

「収益向上に貢献する物流コスト改善のコツ」

http://blog.livedoor.jp/gz0210/

物流改善メルマガ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に発信しています。

「会社収益がみるみる向上する!

 1分でわかる物流コスト改善の

 ツボ」

http://www.mag2.com/m/0001069860.html

お勧めサイト

経営コンサルタント探しの「経営堂」

「IT企業専門の会計士事務所」

山田経営会計事務所

http://www.cpayamada.jp/

プロセスと結果で時代の変化に対応する

株式会社キーロジ

http://www.key-logi.com/

Facebook

Twitter