作業改善と工程改善(物流コンサルタントの日々改善)

皆さんは日々改善を進めていらっしゃると思いますが、作業改善と工程改善の違いはご存知でしょうか。この点について一緒に考えていきたいと思います。

作業改善とは個々の作業を単体でとらえ、その作業そのものについて改善していくことというのが一般的な考え方です。この作業改善は別の見方をすれば「点の改善」と呼ぶことができるでしょう。

一方で工程改善は個々の作業にとどまらず、作業と作業の間を含めた「モノの流れ」の改善を指すことが多いようです。この工程改善は「線の改善」と呼べると思います。

物流と言うとモノの流れそのものだから工程改善だろうと考えがちですが、そうとも言い切れません。なぜなら物流にもその場で行う作業はいくらでもあるからです。

たとえば「梱包作業」を考えてみましょう。段ボール箱を組み立てる作業があると思いますが、この作業性を改善し工数低減を図ることは作業改善になります。

では組み立てた箱に製品を格納する作業はどうでしょうか。箱を置く位置を床から作業台上へと変更し、格納しやすさが向上したとすればそれも作業改善になります。

このように物流作業の中には定位置で行う多くの「単体作業」がありますから、それらの作業をどんどん効率化していく「作業改善」にまずは取り組んでいきましょう。

この作業改善のポイントはいつも申し上げていることですが、作業の中に付加価値作業以外が含まれていれば、それを取り除くことを考えていくべきでしょう。

付加価値作業とはお客様の立場から見て、「お金を払っても良い」と判断される作業のことを指します。

明らかにお金を払っていただくことが憚られる作業は無付加価値作業になりますから、まずはそれら無付加価値作業を「なくす」改善を実施します。梱包に使う資材や道具などを探す行為があったとすれば、それをなくすために5Sを徹底して行い、置場を明確化することで改善することができます。

次回に続きます。


物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

工場管理 好評連載中! 7月号「これだけ持って行けば万全!海外工場支援者のための『物流指導7つ道具』 第9回 道具5 物流評価シート(下)」
http://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0007

Logistics Trend 好評連載中! 8月号「物流のiPS細胞を探せ!!製造SCM進化論 第8回工場内部の物流改善(下)」
http://www.logistics-trend.com

Kein物流改善研究所

神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台17-1-218 

 

TEL:045-350-2367

代表/受付時間10~18時)

 

email;kaizen@keinlogi.jp

 

対象地域

日本全国各地

 

お気軽にご相談ください

物流改善ブログ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に更新しています。

「収益向上に貢献する物流コスト改善のコツ」

http://blog.livedoor.jp/gz0210/

物流改善メルマガ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に発信しています。

「会社収益がみるみる向上する!

 1分でわかる物流コスト改善の

 ツボ」

http://www.mag2.com/m/0001069860.html

お勧めサイト

経営コンサルタント探しの「経営堂」

「IT企業専門の会計士事務所」

山田経営会計事務所

http://www.cpayamada.jp/

プロセスと結果で時代の変化に対応する

株式会社キーロジ

http://www.key-logi.com/

Facebook

Twitter