利益率を確保する物流会社の取組(2) 加工作業を受注する

儲かる仕事は今までと同じメニューの中にはないと考えた方がよさそうです。どこでもできる仕事であればなおさらです。

そこで従来の延長線からあえて逸脱してみることです。逸脱のポイントとしてまずは従来の仕事の前後に着目してみると良いかもしれません。

例えばメーカーの製品保管と出荷業務を受注しているとしましょう。いったん出来上がった製品は自社倉庫で保管し、出荷指示に基づき輸送して客先まで届けています。

この保管業務の前工程を見てみましょう。そうするとそのメーカーは完成品検査を実施していました。製品に通電し、正しく機能するかどうかをチェックしていたのです。

この製品検査は難しい仕事ではありません。メーカーでもパート社員が実施していました。これは自社でもできるのでは、と考えることが重要です。

そしてその仕事を発注してもらえないかメーカーと交渉するのです。メーカーとしても検査は付加価値を与えない仕事のためアウトソースすることにそれほどこだわりはないかもしれません。

ではその前工程はどうでしょうか。最終的に製品本体にカバーだけを取り付ける簡単な組立作業を実施していました。しかもこの工程もパート社員による作業でした。品質基準もそれほど厳しくはなさそうです。

できればこの作業も自社でできるため受注したいところです。そうすれば先ほどの検査業務と合わせてそこそこの仕事量にもなるのです。

はい、この作業も受注しましょう。今や物流会社だから物流業務だけという発想では儲かりません。このようにどんどんと領域を広げていきましょう。

物流機能には「流通加工」という機能があります。値札付けやラベル貼りなどの作業が行われることが多いと思いますが、そうではなく。「加工」そのものを仕事にする視点が大切です。

次回に続きます。


★物流インターネットセミナーを始めました!★ ダイジェスト版をご覧いただけます!

『成功の秘訣はココにあった!達人が伝授する荷主会社のための物流アウトソース戦略』
https://www.youtube.com/watch?v=cX5M0n9tA-Y

『中小物流会社のための事業拡大戦略~荷主会社OBが本音で語る 取引したくなる物流会社~』
https://www.youtube.com/watch?v=QarBkSVoxCI

『消費増税はライバルより一歩抜きん出る絶好のチャンスだ!~荷主から選ばれる会社に変身する黄金ルール』
https://www.youtube.com/watch?v=ZBw0o-_BlnE


物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

Kein物流改善研究所

神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台17-1-218 

 

TEL:045-350-2367

代表/受付時間10~18時)

 

email;kaizen@keinlogi.jp

 

対象地域

日本全国各地

 

お気軽にご相談ください

物流改善ブログ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に更新しています。

「収益向上に貢献する物流コスト改善のコツ」

http://blog.livedoor.jp/gz0210/

物流改善メルマガ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に発信しています。

「会社収益がみるみる向上する!

 1分でわかる物流コスト改善の

 ツボ」

http://www.mag2.com/m/0001069860.html

お勧めサイト

経営コンサルタント探しの「経営堂」

「IT企業専門の会計士事務所」

山田経営会計事務所

http://www.cpayamada.jp/

プロセスと結果で時代の変化に対応する

株式会社キーロジ

http://www.key-logi.com/

Facebook

Twitter