大きな視点で物流を見よう(2) 物流の周辺を見渡していく

私たちが取り組むべき範囲はサプライチェーン全体です。つまり物流管理というよりも、サプライチェーンマネジメントが私たちの領域なのです。

物流はある行為の結果として表れます。たとえば拠点と拠点を離して設計すると、その2つの拠点間に輸送というものが発生します。

建屋の中で工程と工程を離して設計することで、工程間運搬が発生します。それと同時に、よほど上手くオペレーションを行わない限り、工程間在庫が発生します。

ですから物流を何とかしたいのであれば、その発生源に対策を打つ必要があります。もちろん、物流という現象に対して個別改善を行うことは可能です。

たとえばトラックの待機時間を無くして回転率を上げたり、ドライバーの残業時間を減らしたりすることは一定の効果があります。

しかしもっと大きく物流効率化を図るためには、根源を正していくことが効果的です。ではその根源を正すために実施していくことは何でしょうか。

私たちは物流だけに目を向けてはいけません。物流タコつぼに入り込んでしまっては周りが見えなくなってしまうからです。

そこで最初に考えていくべきことは、物流の発生要因に目を向けることです。なぜその輸送が発生しているのか、なぜその保管が発生しているのか、疑問を持って要因を追求することです。

物流の発生は仕方のないこと、当たり前のことと思った瞬間に思考は停止します。理想は物流が発生しないことです。

ですから、もしその物流が無くなったらどうなるのか、という考え方で物流の周辺を見渡していくとよいと思います。

それによってその物流の必要性、つまり物流の発生源が見えてくるのです。そこが見えればしめたものです。

次に考えるべきことは、その物流を無くすこと、無くせないのであれば小さくすることです。この発想で物流を考えることが、大きな視点で物流を見ることと同義になるわけです。

さらに検討すべきことは、サプライチェーンマネジメントの学習です。サプライチェーンマネジメントとは元々は生産管理です。

物流に携わる人はよく勘違いをしており、生産管理は自分たちの領域ではないと発言します。しかしこれはとんでもない間違いです。

物流は生産の一部です。生産とは加工と運搬の繰り返しで成り立っています。ですからその一部である運搬については生産管理を知らないと改善できないはずなのです。

次回に続きます。


■東京で梱包改善のセミナーを実施します!

  「工場の最後の砦を徹底改善!梱包品質・出荷生産性の劇的向上秘訣
   ~頭を働かせ、手を動かして学ぶ体感型セミナー~」

 2018年12月18日(火) 10:00~17:00
 東京・平河町近辺の会議室
 詳細は以下からお願いいたします。
 http://www.j-ie.com/activity/ie-seminar/site-innovation/post-35329/

■『3つの役割を果たす!構内物流改善の進め方』

カイゼンベース株式会社とKein物流改善研究所との協働制作講座が完成しました!
物流のE-learningは珍しいかもしれません。一部無料で見られますので皆さんもアクセスしてみて下さいね。

https://www.kaizen-base.com/contents/logi-42826/

■日刊工業新聞社 工場管理 12月号 好評連載中!

 「工場物流進化論~物流変革時代を乗り切るヒント
  第8回  国の施策としての総合物流施策大綱(下)」

 http://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0007

物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

Kein物流改善研究所

神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台17-1-218 

 

TEL:045-350-2367

代表/受付時間10~18時)

 

email;kaizen@keinlogi.jp

 

対象地域

日本全国各地

 

お気軽にご相談ください

物流改善ブログ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に更新しています。

「収益向上に貢献する物流コスト改善のコツ」

http://blog.livedoor.jp/gz0210/

物流改善メルマガ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に発信しています。

「会社収益がみるみる向上する!

 1分でわかる物流コスト改善の

 ツボ」

http://www.mag2.com/m/0001069860.html

お勧めサイト

経営コンサルタント探しの「経営堂」

「IT企業専門の会計士事務所」

山田経営会計事務所

http://www.cpayamada.jp/

プロセスと結果で時代の変化に対応する

株式会社キーロジ

http://www.key-logi.com/

Facebook

Twitter