大きな視点で物流を見よう(3) 物流を成り立たせるための要素を学べ

世の中に存在する「もの」は調達、生産、販売の流れで消費者の手元に届き、それが消費されていきます。この流れの一部が「運搬」なわけです。

しかしあくまでも一部であって、その運搬に対していろいろな影響を与える他の行為が多く存在するのです。

そしてまた一部ではありますが、「保管」という行為も物流に分類されるものとして存在しますが、これも運搬と同様に他の行為からの影響を受けることになります。

そしてこの「運搬」と「保管」は自らの立ち位置だけでは解決できない問題点がたくさんあります。そこで影響を与える他の行為についても知識を持って、何かしらの対応をしていくことこそが、大きな視点での物流管理ということになるのです。

生産管理はその他の領域をほとんどカバーしています。たとえば部品調達についても生産管理の一環ですが、調達のやり方次第で物流がよくもなり悪くもなるのです。

生産計画に同期させて部品を調達すれば、調達在庫は最小で済むはずです。しかし生産計画を無視したり、同期させなかったりすればたちまち調達部品在庫が発生します。

場合によっては部品欠品を招き、生産に支障をきたすことでしょう。そうなると特便を走らせて部品を調達するなど、物流に悪影響を及ぼすことになります。

物流に携わる人は、物流業務そのものの内容を知る必要があると同時に、物流の成り立ちについても知っておかなければなりません。

ものの調達の仕方、ものの生産の仕方、在庫の発生要因など、まさに物流を成り立たせるための要素ですから、真っ先に学ぶ必要がありそうです。

繰り返しになりますが、自分たちは物流スタッフなので生産管理は関係ない、などと考えるのは全くもって間違っています。

むしろ物流管理は生産管理の一部なので、全体像としてそれを知っておくことが基本中の基本です。物流業務の詳細は、生産管理の全体像を把握してから学べばよいでしょう。

ですから、社内で物流スタッフを育成するときには、まず生産管理の知識を学ばせ、それが身についたところで物流管理を勉強させればよいと思います。

これはメーカーに限った話ではありません。輸送や保管を専門に行っている物流会社のスタッフでも考え方は同様です。

世の中はサプライチェーンで成り立っているわけですから、その一部だけの輸送や保管だけを知っているだけでは荷主によいサービスを提供できるわけがありません。

物流タコつぼにはまらないように、大局的にものごとを見ていくことができるスキルを身につけていきたいものです。


■東京で梱包改善のセミナーを実施します!

  「工場の最後の砦を徹底改善!梱包品質・出荷生産性の劇的向上秘訣
   ~頭を働かせ、手を動かして学ぶ体感型セミナー~」

 2018年12月18日(火) 10:00~17:00
 東京・平河町近辺の会議室
 詳細は以下からお願いいたします。
 http://www.j-ie.com/activity/ie-seminar/site-innovation/post-35329/

■『3つの役割を果たす!構内物流改善の進め方』

カイゼンベース株式会社とKein物流改善研究所との協働制作講座が完成しました!
物流のE-learningは珍しいかもしれません。一部無料で見られますので皆さんもアクセスしてみて下さいね。

https://www.kaizen-base.com/contents/logi-42826/

■日刊工業新聞社 工場管理 12月号 好評連載中!

 「工場物流進化論~物流変革時代を乗り切るヒント
  第8回  国の施策としての総合物流施策大綱(下)」

 http://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0007

物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

Kein物流改善研究所

神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台17-1-218 

 

TEL:045-350-2367

代表/受付時間10~18時)

 

email;kaizen@keinlogi.jp

 

対象地域

日本全国各地

 

お気軽にご相談ください

物流改善ブログ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に更新しています。

「収益向上に貢献する物流コスト改善のコツ」

http://blog.livedoor.jp/gz0210/

物流改善メルマガ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に発信しています。

「会社収益がみるみる向上する!

 1分でわかる物流コスト改善の

 ツボ」

http://www.mag2.com/m/0001069860.html

お勧めサイト

経営コンサルタント探しの「経営堂」

「IT企業専門の会計士事務所」

山田経営会計事務所

http://www.cpayamada.jp/

プロセスと結果で時代の変化に対応する

株式会社キーロジ

http://www.key-logi.com/

Facebook

Twitter