日々の物流管理(2) 1人1時間あたり出来高管理

物流現場では日々収支としてみなし粗利を把握していく重要性についてお話してきました。そのポイントは労務コストを把握することでした。

これはそれほど難しいことではないのでぜひ取り組んでいただきたいと思います。しかしもっと簡単に今日から管理する方法もあります。

それは出来高管理です。一日でどれくらいの業務量をこなしたのかを見ていくやり方です。

たとえば出荷業務。KPIを出荷伝票とし、それの枚数を把握していくのです。生産性ですから、枚数と共に投入労働工数も把握しましょう。

たとえば一日の出荷伝票が950枚でその日に投入した労働工数が8時間勤務で5人とすれば40時間だとしましょう。

そうすると1人1時間あたりの出荷伝票は23.75枚です。この枚数を日々管理していきます。できれば目標値を定めたいところです。

その目標に対して日々どうだったのかをフォローしていくことが物流管理だということになります。たとえば目標達成日は〇、未達成日は×として見ていきます。

ある月の稼働日数が22日とし、〇が13、×が9だったとしたら、13勝9敗、勝率59%ということになります。

物流管理監督者のコミットメントはこの勝率でもよいかもしれません。仮にコミットメントが勝率60%とすれば年間でそれを達成した監督者は合格だということになります。

要は日々の管理をいかに容易に、しかも要点をついて日々管理できるか、ということです。背伸びをしすぎて途中で挫折してしまっては意味がありません。

会社単位では実際の財務値で見ていきますが、物流センターでは「みなし粗利」を、もう少し容易にしたいのであれば1人1時間あたりの生産性で見ていくことをお勧めします。

次回に続きます。


■東京で構内物流のセミナーを実施します!

 『工場の効率を劇的に向上させる!
  構内物流の果たすべき役割』

 日 時:2017年4月18日(火) 10:00~17:00
 場 所:東京・渋谷近辺の会議室
     
 詳細は以下をご参照ください。

 http://www.j-ie.com/activity/ie-seminar/manufacturing-innovation/post-16963/

■日刊工業新聞社 工場管理 新連載スタート!

 「工場全体を効率化できる 物流のトリセツ
『第6回 サプライチェーンマネジメントに取り組もう』」

 http://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0007

■日刊工業新聞社 プレス技術 好評連載中!

 「暗黒大陸の物流改善大作戦 ~プレス工場を大変身させる秘密の裏ワザ~ 
   『第19回 調達物流改善の取組み(下)』」

 http://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0003

★物流インターネットセミナーを始めました!★ ダイジェスト版をご覧いただけます!

『成功の秘訣はココにあった!達人が伝授する荷主会社のための物流アウトソース戦略』
https://www.youtube.com/watch?v=cX5M0n9tA-Y

『中小物流会社のための事業拡大戦略~荷主会社OBが本音で語る 取引したくなる物流会社~』
https://www.youtube.com/watch?v=QarBkSVoxCI

『消費増税はライバルより一歩抜きん出る絶好のチャンスだ!~荷主から選ばれる会社に変身する黄金ルール』
https://www.youtube.com/watch?v=ZBw0o-_BlnE

物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

Kein物流改善研究所

神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台17-1-218 

 

TEL:045-350-2367

代表/受付時間10~18時)

 

email;kaizen@keinlogi.jp

 

対象地域

日本全国各地

 

お気軽にご相談ください

物流改善ブログ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に更新しています。

「収益向上に貢献する物流コスト改善のコツ」

http://blog.livedoor.jp/gz0210/

物流改善メルマガ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に発信しています。

「会社収益がみるみる向上する!

 1分でわかる物流コスト改善の

 ツボ」

http://www.mag2.com/m/0001069860.html

お勧めサイト

経営コンサルタント探しの「経営堂」

「IT企業専門の会計士事務所」

山田経営会計事務所

http://www.cpayamada.jp/

プロセスと結果で時代の変化に対応する

株式会社キーロジ

http://www.key-logi.com/

Facebook

Twitter