物流でIEを駆使する(3) IEで物流ロスを定量化する

IEではよく話題になりますが「手待ち」のムダを削減することは重要です。輸送会社も荷主構内での待機時間に苦労しています。ではそれをどこまで定量化して荷主と話し合いを持っているか、となると心もとない会社がほとんどのようです。

これには二つの理由がありそうです。一つ目は荷主に改善要請をするなんて恐れ多いこと、と考えている。二つ目は待機時間のデータを取ろうという意識が無いこと。

いずれの理由にせよ、このままの状態では待機時間が短縮されることはあり得ないと思います。なぜなら荷主側に輸送会社の困り具合が伝わらないからです。

トラックドライバーに荷主のゲートインタイムとゲートアウトタイムを毎回記録させ、そのデータを持って荷主と話し合いをすればそれを全く無視できる会社は少ないのではないでしょうか。

ディズニーランドやスーパーのレジで人の待ち時間を短縮する工夫が実際に行われているそうです。待ち時間はロス以外の何物でもないからです。

まずはデータを把握する。そしてそれに対して改善のアクションを取る。これは会社としてやるべき当たり前のことではないでしょうか。

会社に悪影響を与える明らかなロスに対して、何もアクションを取らないことは無責任であると思いませんか。

物流作業ではそれを行う作業者によるばらつきが大きいケースが目につきます。品質のばらつき、所要時間のばらつき、やり方のばらつき、これらの存在も望ましいものではありません。

そもそも作業が標準化されていないためにこのようなばらつきが発生するのです。IEでは標準的な作業者が無理なくできる作業を標準作業として決めることを基本としています。

物流のすべての作業について標準化し、それに従って実施させるようにすることが大切です。多分これを行うだけでもムダな動作が無くなり、従来よりも生産性が向上すると考えられます。

以上のようにムダを定量化する、一定の手法を使ってみる、作業の標準化を行うなど、IEを活用することで効果が見える点が多々あります。

まず簡単なところからIEの真似事をしてみる、そして徐々にIE手法を学んでみる、こういった取り組みをしていくことをお勧めします。

きっと思いもよらないメリットを享受できるものと思います。



★物流インターネットセミナーを始めました!★ ダイジェスト版をご覧いただけます!

『成功の秘訣はココにあった!達人が伝授する荷主会社のための物流アウトソース戦略』
https://www.youtube.com/watch?v=cX5M0n9tA-Y

『中小物流会社のための事業拡大戦略~荷主会社OBが本音で語る 取引したくなる物流会社~』
https://www.youtube.com/watch?v=QarBkSVoxCI

『消費増税はライバルより一歩抜きん出る絶好のチャンスだ!~荷主から選ばれる会社に変身する黄金ルール』
https://www.youtube.com/watch?v=ZBw0o-_BlnE


物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

Kein物流改善研究所

神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台17-1-218 

 

TEL:045-350-2367

代表/受付時間10~18時)

 

email;kaizen@keinlogi.jp

 

対象地域

日本全国各地

 

お気軽にご相談ください

物流改善ブログ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に更新しています。

「収益向上に貢献する物流コスト改善のコツ」

http://blog.livedoor.jp/gz0210/

物流改善メルマガ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に発信しています。

「会社収益がみるみる向上する!

 1分でわかる物流コスト改善の

 ツボ」

http://www.mag2.com/m/0001069860.html

お勧めサイト

経営コンサルタント探しの「経営堂」

「IT企業専門の会計士事務所」

山田経営会計事務所

http://www.cpayamada.jp/

プロセスと結果で時代の変化に対応する

株式会社キーロジ

http://www.key-logi.com/

Facebook

Twitter