物流とタイミング(2) 物流がペースメーカー

仕事は遅れることは許されません。得意先への未納や納入遅れなどを起こすことは絶対にあってはならないことです。

だからといってあまりにも余裕を持ちすぎることもよくないことです。その一つが在庫で対応しようとする姿勢です。

何か起きた時のために持つ「安全在庫」がありますが、これを通り越し、持っていることで安心する「安心在庫」が目立ちます。

在庫を抱えた本人は安心でしょうが、実際にそれを保管する物流担当者はたまったものではありません。置場を探したり、運搬したり、容器を探したりと在庫発生に伴う「余分な仕事」が発生するからです。

ですから考えなければならないのが「タイミング」なのです。調達するタイミング、生産するタイミング、出庫するタイミングなどが挙げられます。

何事も共通していえることは「仕事の着手タイミングが早すぎる」ということでしょう。本当であれば1時間前からスタートすればよい仕事を3時間前から始めてしまう。

その結果として2時間分の余分な在庫が滞留してしまうのです。これはその工程の心理的なものが影響しています。遅れたら大変だという心理です。

これを防ぐためには何かしらのペースメーカーが必要になってきます。そして物理的な歯止めも必要かもしれません。

ペースメーカーの例としては生産工程に対する部品供給が挙げられます。ちょうど生産をスタートすればよいタイミングで部品を届けるのです。

物流がペースメーカーになるということです。

もう一つは在庫置場を規制するということです。これは完成品の置場ですが、類似項目として完成品を入れる容器の数量で規制をかけてもよいでしょう。

つまり物流が規制をかけるということです。

このようなタイミングを正しく制御するためのしかけを社内に持つことが重要になってくるわけです。そしてそのしかけを物流に持たせることが有効だと考えられます。

旅行に行くことを考えてみればわかりやすいでしょう。目的地までの電車や飛行機がペースメーカーです。出発時刻よりあまりにも早めに行き過ぎても待ちが発生するだけですよね。

次回に続きます。


■『3つの役割を果たす!構内物流改善の進め方』

株式会社グロースベースとKein物流改善研究所との協働制作講座が完成しました!
物流のE-learningは珍しいかもしれません。一部無料で見られますので皆さんもアクセスしてみて下さいね。

https://www.kaizen-base.com/contents/logi-42826/

■大阪でトラック輸送改善のセミナーを実施します!
 
 「トラック輸送の効率化 ~輸送の見直し&コスト削減~
  物流コストの60%を占める輸送費にメスを入れよ」

 開催日:2017年7月24日(月)
 時 間:10:00~17:00
 会 場:大阪府工業協会 研修室

 詳細は以下からご覧ください!
 https://www.opmia.or.jp/seminar_entry?post_id=2758

■日刊工業新聞社 工場管理 8月号 好評連載中!

 「工場全体を効率化できる 物流のトリセツ
『第11回 ジャスト・イン・タイム調達の実行(下)』」

 http://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0007

■日刊工業新聞社 プレス技術 8月号 好評連載中!

 「暗黒大陸の物流改善大作戦 ~プレス工場を大変身させる秘密の裏ワザ~ 
   『第23回 海外物流管理のポイント(中)』」

 http://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0003

物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

Kein物流改善研究所

神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台17-1-218 

 

TEL:045-350-2367

代表/受付時間10~18時)

 

email;kaizen@keinlogi.jp

 

対象地域

日本全国各地

 

お気軽にご相談ください

物流改善ブログ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に更新しています。

「収益向上に貢献する物流コスト改善のコツ」

http://blog.livedoor.jp/gz0210/

物流改善メルマガ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に発信しています。

「会社収益がみるみる向上する!

 1分でわかる物流コスト改善の

 ツボ」

http://www.mag2.com/m/0001069860.html

お勧めサイト

経営コンサルタント探しの「経営堂」

「IT企業専門の会計士事務所」

山田経営会計事務所

http://www.cpayamada.jp/

プロセスと結果で時代の変化に対応する

株式会社キーロジ

http://www.key-logi.com/

Facebook

Twitter