物流のリスク認識を高める(2) 物流BCPに取り組む

 

私たちはサプライチェーンの根幹を握っている立場にいるため、リスク管理については入念に取り組まなければなりません。

 

 

 

リスク管理といえばBCPがあります。BCPとは Business continuity Plan の略です。日本語に直すと事業継続計画ということになります。

 

 

 

そのリスクが発生すると会社の存続にかかわるような事象に対して的確な対応を打っていく活動計画のことを指します。

 

 

 

東日本大震災直後にこのBCPの作成がブームになりました。取引先にもこのBCPの作成を義務づけたり、新たな取引の条件にしたりすることも増えました。ということで皆さんもご記憶にあるのではないでしょうか。

 

 

 

このBCPは主として大きな災害に備えて整備されることが一般的です。たとえば大地震や津波、風水害などが典型的な例です。

 

 

 

まさに東日本大震災で現実化してしまったわけですが、「めったに起きない」という意識が強すぎて100年に一度のことに対して備えるゆとりはないという考え方もあります。

 

 

 

しかし日本は地震国であり、四方を海に囲まれた島国でもありますから今さらこのような認識で確実なビジネスを行っていくことには大きな疑問があります。

 

 

 

そこで物流のリスク管理としてはぜひBCPを作成していくことをお勧めしたいと思います。

 

 

 

BCPでは想定される災害の規模を定義します。たとえば震度6強の地震があった時とか津波が事業所を襲った場合とかです。

 

 

 

そしてその際に被ると思われる被害を想定します。たとえば事業所が機能不全になり、保有するトラックの50%が使えなくなるなどです。

 

 

 

そういったリスクが発現してしまった時には人や設備などの使える資源が極めて限定されますので、どのビジネスに優先的に取り組むかも決めておく必要があります。

 

 

 

たとえば最大の得意先であるA社にすべての資源を投入して仕事を続けるが、他社の仕事は断念するという具合にです。

 

 

 

このような取り組みをすることで最大のビジネスを失わずに済む可能性があります。結果として会社を潰すことなく事業を継続することが可能になるわけですが、これが本当の事業継続であると言えそうです。

 

 

 

次回に続きます。

 

 

 

 

 

■ 物流塾のホームページにコラムを寄稿しました!

 

 

 

  「物流という社会インフラを死守するために(上)」

 

 

 

 以下からご覧ください。

 

 https://butsuryuujuku.net/colum/412/

 

 

 

■ 日本カイゼンプロジェクトのホームページに2本目の動画が掲載されました!

 

 

 

  「工場内物流の改革」

 

 

 

 以下からご覧ください。

 

 https://www.kaizenproject.jp/

 

 

 

■『3つの役割を果たす!構内物流改善の進め方』

 

 

 

カイゼンベース株式会社とKein物流改善研究所との協働制作講座が完成しました!

 

物流のE-learningは珍しいかもしれません。一部無料で見られますので皆さんもアクセスしてみて下さいね。

 

 

 

https://www.kaizen-base.com/contents/logi-42826/

 

 

 

物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所

 

http://www.keinlogi.jp/

 

Kein物流改善研究所

神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台17-1-218 

 

TEL:045-350-2367

代表/受付時間10~18時)

 

email;kaizen@keinlogi.jp

 

対象地域

日本全国各地

 

お気軽にご相談ください

物流改善ブログ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に更新しています。

「収益向上に貢献する物流コスト改善のコツ」

http://blog.livedoor.jp/gz0210/

物流改善メルマガ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に発信しています。

「会社収益がみるみる向上する!

 1分でわかる物流コスト改善の

 ツボ」

http://www.mag2.com/m/0001069860.html

お勧めサイト

経営コンサルタント探しの「経営堂」

「IT企業専門の会計士事務所」

山田経営会計事務所

http://www.cpayamada.jp/

プロセスと結果で時代の変化に対応する

株式会社キーロジ

http://www.key-logi.com/

Facebook

Twitter