物流のリスク認識を高める(3) コンプライアンスリスクへの対応

帝国データバンクによると、コンプライアンス違反をきっかけとする倒産が増加しており、その中でも運送事業者の行政処分などによる倒産が急増しているとのことです。

2012年4月に関越自動車道で発生したツアーバスの死亡事故以降、監査が厳格化したほか、行政処分を受けた運輸業の倒産が相次ぎ『業法違反』(60件、構成比30%)が初のトップになったとのこと。

どうやら運輸業の『業法違反』が急増して、全体の倒産件数を押し上げているようですね。大変残念なことだと思います。

BCPは一般的に大地震や風水害などの大規模災害を対象に取り組むことが多いようです。しかし上記のような事実を鑑みると、物流ではコンプライアンスリスクについても十分に取り組んでおく必要がありそうです。

荷主の目も厳しくなっており、コンプライアンスを守れない業者とは取引をしないという傾向も強まってきています。

トラックドライバーの労働時間を守らない、社会保険に加入しない、下請法違反を繰り返しているなどの物流会社はその事実が判明したと同時に取引停止になる可能性も秘めています。

このようなコンプライアンスに対して「法令を厳格に守っていたら収益など出ない」とうそぶいている経営者がいることも事実です。

こう言いたくなることも理解できないわけではありません。かといってそれを容認することは100%ないと言えると思います。

また、法令の内容を知らなかったから違反を犯してしまったという事例も多々あります。しかしこれもまた言い訳にすぎません。実務に必要な法令は知っていて当たり前と言われたら返す言葉もないでしょう。

コンプライアンスは日頃の活動で十分に対処することが可能です。それに少しの時間とコストをかける必要があることはやむを得ないことです。

法令は社会のルールですから、それを守れなければ市場から退場するしかありません。まさに事業を継続するためには避けて通れないのがコンプライアンスリスクへの対応なのです。

以上のように、リスク対応は会社を継続させていくために必須要件です。ぜひ会社内でリスクマインドを高めるとともにリスクマネジメントを実施していきましょう。


■セミナーのご案内

 第七回 メーカー・流通研究会は8月22日に開催します!
 どなたでも参加できますよ!お待ちしております。

 『構内物流の果たすべき三つ役割:第二、第三の役割を理解せよ!

  ~工場内でリーダー的存在となる高付加価値物流とは~ 』

 http://www.e-butsuryu.jp/seminars/442

■日刊工業新聞社 工場管理 に連載を始めました!

 「工場はまだまだ改善余地がいっぱい!
         工場管理者のための物流改善ネタ出し講座」

  8月号 なぜ物流は宝の山なのか

 http://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0007

★物流インターネットセミナーを始めました!★ ダイジェスト版をご覧いただけます!

『成功の秘訣はココにあった!達人が伝授する荷主会社のための物流アウトソース戦略』
https://www.youtube.com/watch?v=cX5M0n9tA-Y

『中小物流会社のための事業拡大戦略~荷主会社OBが本音で語る 取引したくなる物流会社~』
https://www.youtube.com/watch?v=QarBkSVoxCI

『消費増税はライバルより一歩抜きん出る絶好のチャンスだ!~荷主から選ばれる会社に変身する黄金ルール』
https://www.youtube.com/watch?v=ZBw0o-_BlnE


物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

Kein物流改善研究所

神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台17-1-218 

 

TEL:045-350-2367

代表/受付時間10~18時)

 

email;kaizen@keinlogi.jp

 

対象地域

日本全国各地

 

お気軽にご相談ください

物流改善ブログ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に更新しています。

「収益向上に貢献する物流コスト改善のコツ」

http://blog.livedoor.jp/gz0210/

物流改善メルマガ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に発信しています。

「会社収益がみるみる向上する!

 1分でわかる物流コスト改善の

 ツボ」

http://www.mag2.com/m/0001069860.html

お勧めサイト

経営コンサルタント探しの「経営堂」

「IT企業専門の会計士事務所」

山田経営会計事務所

http://www.cpayamada.jp/

プロセスと結果で時代の変化に対応する

株式会社キーロジ

http://www.key-logi.com/

Facebook

Twitter