物流を測定するツールを導入する(2) 物流生産性用メジャー

過去の実績で段ボール箱の平均処理工数が算出されました。これは段ボール箱のハンドリングに関わったすべての作業者の平均値ということになります。

 

この値を使えば段ボール箱の処理作業に関する生産性を測定することが可能になります。一つの見方として平均値に比べて何パーセント短縮されたかによって生産性が向上したかどうかがわかります。

 

もし生産性向上を進めていくのであれば、この平均値に対する改善率を目標値として定めると良いでしょう。

 

平均値が一箱60秒であれば、これを1割向上するという目標にした時には目標値は「54秒」だということになります。

 

このように生産性向上を図っていくことは企業存続の上で欠かせない活動になります。先に挙げた平均値の改善は自社の中だけを見た活動であるため、今一つ弱いところがあります。

 

なぜならもしかしたら他社は「50秒」で処理している可能性があるからです。この時点で今から1割改善するだけでは他社には勝てないということがわかります。

 

ということで、その職場で最も処理速度の速い人のデータを把握してみます。その人が仮に「48秒」でできていたとするとその値は他社を上回っています。

 

その時点で「48秒」は競争力のある値だとわかります。そうなったら今度は自社の作業者が皆最速の人の仕事の仕方を学び、全員が「48秒」でできるように訓練します。そしてそれを達成できれば他社に打ち勝つことができるのです。

 

なかなか他社のデータを入手することは容易ではありません。そこでもっと効果的な手法を考えていきます。それが「あるべき姿」の工数を定め、その値を目標として活動していくことです。

 

「あるべき姿」ですから、手待ちや迷いなどの要素を一切含まないベスト値ということになります。そしてそのベスト値とのギャップを把握し、そのギャップをできるだけ小さくなるように改善や訓練を行っていくのです。

 

たとえばあるべき姿に基づくベスト値を「38秒」だとしましょう。平均値が「60秒」の場合、そのギャップは「60秒」÷「38秒」で1.54倍ということになります。

 

常に物流はメジャーを持ち、その値と実態とのギャップを改善余地として認識しておくことが重要なのです。

 

次回に続きます。

 

 

■ 物流セミナー情報

 

1.オンラインで物流現場の標準化セミナーを実施します!

 

「物流現場の作業を標準化しよう!

~徹底的な活動と続ける根気が現場を根こそぎ変える~」

 

2020917日(木)16001700

 

詳細は以下からお願いいたします。

https://www.e-butsuryu.jp/event/2874/

 

2.東京で会場とオンラインの併用開催で物流標準時間のセミナーを実施します!

 

  「物流作業の生産性を劇的に向上する魔法のツール

   物流標準時間の導入とその活用法」

 

  2020924日(木)10:0017:00

 

  詳細は以下からお願いいたします。

  http://www.j-ie.com/activity/ie-seminar/logistics/post-18713/

 

3.構内物流のウエブセミナーを実施します!

 

  「生産ラインを高効率にする!高品質な製品をつくる!

   3ステップ式 構内物流カイゼンの具体的な進め方」

 

  2020928日(水)10001700

 

  詳細は以下からお願いいたします。

  https://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/4133

 

4.大阪で輸送改善のセミナーを実施します!

 

  「トラック輸送の効率化 輸送の見直し&輸送コスト削減

   物流コストの60%を占める輸送費にメスを入れる!」

 

  2020929() 9451645

 

  詳細は以下からお願いいたします。

  https://www.opmia.or.jp/seminar/7008

 

5.オンラインで物流標準時間の基礎セミナーを実施します!

 

  「カンコツ管理から脱却せよ!

~たった2時間で理解できる魔法のツール「物流標準時間」の基礎~」

 

2020930日(水)15001700

 

詳細は以下からお願いいたします。

https://www.e-butsuryu.jp/event/2875/

 

6.オンラインで輸送改善セミナーを実施します!

 

  「~みるみる効果が上がる~ 輸送改善の取り組み方

   運賃値上げに打ち克つ!」

 

  2020106日(火)10:0016:30

 

 詳細は以下からお願いいたします。

 https://www.tmainc.co.jp/seminor/top/3637/

 

7.名古屋で物流の基本を学べるセミナーを実施します!

 

  「物流スタッフのための物流の基本と現場改善の進め方」

 

  20201019() 10:0017:00

 

  詳細は以下からお願いいたします。

  http://www.noma-front.com/NOMA_PDF/chubu/201019buturyuukihon.pdf

 

8.会場とオンライン併用で調達物流セミナーを実施します!

 

  「物流コスト削減のための調達物流改革

   ~物流コスト削減とジャストインタイム物流を両立せよ!!~」

 

  20201029日(木)10:0017:00

 

  詳細は以下からお願いいたします。

  http://www.j-ie.com/activity/ie-seminar/logistics/post-18706/

 

■ 工場管理に連載を開始しました!

 

  「品質向上につなげる 構内物流標準化マニュアル

   9月号:工場物流の実態を再認識せよ」

 

  https://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0007

 

■ 物流塾のホームページにコラムを寄稿しました!

 

  「物流商品開発力を磨け」

 

 以下からご覧ください。

 https://butsuryuujuku.net/colum/602/

 

■ 日本カイゼンプロジェクトのホームページに2本目の動画が掲載されました!

 

  「工場内物流の改革」

 

 以下からご覧ください。

 https://www.kaizenproject.jp/

 

■『3つの役割を果たす!構内物流改善の進め方』

 

カイゼンベース株式会社とKein物流改善研究所との協働制作講座が完成しました!

物流のE-learningは珍しいかもしれません。一部無料で見られますので皆さんもアクセスしてみて下さいね。

 

https://www.kaizen-base.com/contents/logi-42826/

 

物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所

http://www.keinlogi.jp/

 

<A HREF="http://blogranking.fc2.com/in.php?id=252831">FC2ブログランキングへ</A>

<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?588033">人気ブログランキングへ</A>

 

<a href="http://business.blogmura.com/seizougyou/">にほんブログ村</a>

Kein物流改善研究所

神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台17-1-218 

 

TEL:045-350-2367

代表/受付時間10~18時)

 

email;kaizen@keinlogi.jp

 

対象地域

日本全国各地

 

お気軽にご相談ください

物流改善ブログ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に更新しています。

「収益向上に貢献する物流コスト改善のコツ」

http://blog.livedoor.jp/gz0210/

物流改善メルマガ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に発信しています。

「会社収益がみるみる向上する!

 1分でわかる物流コスト改善の

 ツボ」

http://www.mag2.com/m/0001069860.html

お勧めサイト

経営コンサルタント探しの「経営堂」

「IT企業専門の会計士事務所」

山田経営会計事務所

http://www.cpayamada.jp/

プロセスと結果で時代の変化に対応する

株式会社キーロジ

http://www.key-logi.com/

Facebook

Twitter