物流アウトソースにあたっての留意点(4) 物流契約の締結

最終的にアウトソース先を決定するに際し、決定判断基準を事前に決めておきましょう。往々にして価格だけで判断してしまいがちですがそれは危険です。

その会社のSQDCはきちんと評価しましょう。また提案についても重視した方が良いと思います。提案は最初に取引するにあたって自社はどのような貢献ができるのかを提示することに加え、取引中に改善提案をしてもらうことも忘れてはなりません。

毎月何かしらの改善提案してもらえればベストでしょう。要は取引先決定時にその旨、つまり「毎月一件の提案をする」とのコミットメントをしてもらうということです。それがあれば採点時に加点することにしましょう。

取引が決まれば正式契約を締結します。物流に関する契約にはいろいろな抜けが散見されますので注意が必要です。

たとえば当初予定していた物流量が変動した場合に価格は変更するのか、当初契約に想定されていなかった仕事が発生した時にはどうするのか、こういったことの発生を想定しそれを契約に織り込んでおくことをお勧めします。

・ 物流量が15%以上変動した場合は再度見積もらせていただきます
・ 新たな業務発生時には両社検討合意の上価格を決定することとする

などといった表現を必ず入れておくとよいでしょう。

このような記載をせずに、現場同士で勝手に決めてしまうことは避けなければなりません。よく新たに仕事が発生しても「サービスでやってしまう」ことがあります。その結果、知らず知らずのうちに物流会社の収益を圧迫してしまうことがあるのです。

輸送の場合には燃料費が変動した場合の価格の取り決めをしておきましょう。燃料サーチャージを導入するのか、新たに見積もりし直すのか、ルールを決めておくことが必要です。

ビジネスですから契約事項をきっちりと詰めておくことは当然のことです。ここを手を抜いてしまうと後で大変なことになりかねないのです。

次回に続きます。

■9月19日(金)神戸開催! セミナーのご案内です!

 「工場内物流改善の基礎実務
  ~生産ラインの効率を引き出す物流改善!~」

 お申込みは以下からお願いします!
 http://www.tmainc.co.jp/seminor/top/2513/

■日刊工業新聞社 工場管理 に連載を始めました!

 「工場はまだまだ改善余地がいっぱい!
         工場管理者のための物流改善ネタ出し講座」

  9月号 宝の山の見つけ方

 http://pub.nikkan.co.jp/magazines/detail/00000490#index

★物流インターネットセミナーを始めました!★ ダイジェスト版をご覧いただけます!

『成功の秘訣はココにあった!達人が伝授する荷主会社のための物流アウトソース戦略』
https://www.youtube.com/watch?v=cX5M0n9tA-Y

『中小物流会社のための事業拡大戦略~荷主会社OBが本音で語る 取引したくなる物流会社~』
https://www.youtube.com/watch?v=QarBkSVoxCI

『消費増税はライバルより一歩抜きん出る絶好のチャンスだ!~荷主から選ばれる会社に変身する黄金ルール』
https://www.youtube.com/watch?v=ZBw0o-_BlnE


物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

Kein物流改善研究所

神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台17-1-218 

 

TEL:045-350-2367

代表/受付時間10~18時)

 

email;kaizen@keinlogi.jp

 

対象地域

日本全国各地

 

お気軽にご相談ください

物流改善ブログ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に更新しています。

「収益向上に貢献する物流コスト改善のコツ」

http://blog.livedoor.jp/gz0210/

物流改善メルマガ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に発信しています。

「会社収益がみるみる向上する!

 1分でわかる物流コスト改善の

 ツボ」

http://www.mag2.com/m/0001069860.html

お勧めサイト

経営コンサルタント探しの「経営堂」

「IT企業専門の会計士事務所」

山田経営会計事務所

http://www.cpayamada.jp/

プロセスと結果で時代の変化に対応する

株式会社キーロジ

http://www.key-logi.com/

Facebook

Twitter