物流サービス契約の締結 業務変更時の対応

荷主と物流事業者、工場の製造工程と物流部門などそれぞれの間でどのような物流サービスを実施するのかをきちんと決めていますでしょうか。

これがしっかりとしていないと後になって何かと問題が発生してしまいます。会社間ではサービスレベルアグリーメント(SLA)を、工場内では標準作業書を作成する必要があります。

まずSLAについて考えてみましょう。これは契約ですから業務開始前に決定し、両社で合意のサインをすることが求められます。

荷主と物流事業者の間ではしっかりとした契約が結ばれていないケースが多く、強い立場の方が有利となる事象が発生しやすいのです。

たまに耳にするのですが、「ついでだから○○もやって欲しい」と荷主から要請されるケースがあるようです。これに対して物流事業者側もあまり追加工数も発生しないことだし引き受けても問題ないだろうという対応をしてしまうことがあります。

ところがこの小さな追加業務の積み重ねが結果として大きな負担になることが考えられます。いくつもの荷主からちょっとずつ追加業務が来た結果、一人区増えてしまったというようなことが発生するのです。

この追加業務に追加金額を徴収していなければ会社の利益を圧迫することは目に見えています。在庫数量のFAXを一枚送付するという業務だけでも本来なら価格を設定し、荷主から徴収しなければならないことは当然のことでしょう。

しかし遠慮があるのか、荷主からこれくらいサービスでやって欲しいと言われたのか、あるいは単に面倒くさいのか、追加業務について見積もりを出さないことがあります。

海外では契約社会ですからこのようなことはあり得ないことでしょうが、このあたりが曖昧なのが日本社会なのかもしれません。

新規に契約する場合には請け負う業務の内容を、追加業務があった時にはその業務についてSLAに列記しましょう。そしてそれ以外の業務が発生した場合には「別途見積もる」という一言を加えておくのです。

業務は追加だけではなくやり方が変更になることもあるでしょう。その際もSLAの記載を変更します。これは条件変更に伴う契約の変更ということになります。

フェアなやり方は条件変更でコストが上がれば価格を上げ、コストが下がれば価格を下げるという方法でしょう。

物流でよくある条件変更は物流量の変更です。契約当初の条件よりも物流量が増えれば単位コストが下がる可能性があり、その場合には価格を下げます。

物流量が当初の条件より減れば単位コストが上がる可能性がありますので、価格を上げることになるでしょう。

もちろん、物流量が何パーセントを超えて増減した場合には価格を変えるということを契約当初合意しておくことが望ましいと思われます。

次回に続きます。


■大阪で講演を行います!
 
 「勝つための物流力向上~メーカーサプライチェーンを支えるカギ~」

 私たちロジスティクスに携わる者は輸送・保管・荷役・包装・流通加工といった物流
 5機能だけにとらわれてはならない。それは物流という「点」を管理するにすぎない
 からである。これからはさらに視野を広げ、ものづくりや在庫などを含めた「面」を
 マネジメントできる人財が求められる。サプライチェーンとは何か、その最適化と進
 化のカギは何か。メーカーサプライチェーンのスペシャリストが勝つための物流力向
 上について解説する。

 関西生産性本部 ロジスティクス研究会 2015年度
 「物流が拓く~勝つためのロジスティクスビジネス~」

http://www.kpcnet.or.jp/seminar/?mode=show&seq=1591

■講演DVDが発売されました!

 「成功の秘訣はココにあった!達人が伝授する荷主会社のための物流アウトソース戦略 」

 http://ebrainshop01.free.makeshop.jp/shopdetail/000000000151/

■日刊工業新聞社 工場管理 に連載中!

 「工場はまだまだ改善余地がいっぱい!
         工場管理者のための物流改善ネタ出し講座」

  5月号 第10回 宝の山を掘ろう 輸送編

 http://pub.nikkan.co.jp/magazines/detail/00000516

★物流インターネットセミナーを始めました!★ ダイジェスト版をご覧いただけます!

『成功の秘訣はココにあった!達人が伝授する荷主会社のための物流アウトソース戦略』
https://www.youtube.com/watch?v=cX5M0n9tA-Y

『中小物流会社のための事業拡大戦略~荷主会社OBが本音で語る 取引したくなる物流会社~』
https://www.youtube.com/watch?v=QarBkSVoxCI

『消費増税はライバルより一歩抜きん出る絶好のチャンスだ!~荷主から選ばれる会社に変身する黄金ルール』
https://www.youtube.com/watch?v=ZBw0o-_BlnE


物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/


Kein物流改善研究所

神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台17-1-218 

 

TEL:045-350-2367

代表/受付時間10~18時)

 

email;kaizen@keinlogi.jp

 

対象地域

日本全国各地

 

お気軽にご相談ください

物流改善ブログ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に更新しています。

「収益向上に貢献する物流コスト改善のコツ」

http://blog.livedoor.jp/gz0210/

物流改善メルマガ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に発信しています。

「会社収益がみるみる向上する!

 1分でわかる物流コスト改善の

 ツボ」

http://www.mag2.com/m/0001069860.html

お勧めサイト

経営コンサルタント探しの「経営堂」

「IT企業専門の会計士事務所」

山田経営会計事務所

http://www.cpayamada.jp/

プロセスと結果で時代の変化に対応する

株式会社キーロジ

http://www.key-logi.com/

Facebook

Twitter