物流サービス契約の締結(3) 物流SLA記載事項のポイント

次に物流契約では最もキーとなる物流量の記載について考えてみましょう。
・ 日当たり物流量は○○トンとする。この量が2倍を超えて上回りまたは2分の1を超えて下回った場合は価格について見直すものとする。

このように物流量の変動は物流事業者に大きな影響を及ぼすため、一定の制約を設けておくことが望ましいと思われます。

これを日当たりで定義するのか、月当たりで決めるのかは当事者間で定めればよいでしょう。また物流量に応じた価格をあらかじめ定め、それをマトリックスにして表示しておくことも一つではないでしょうか。

では到着時刻についてはどうでしょうか。
・ あらかじめ定めておいた時刻を30分以上遅れあるいは早まった場合は○○する。

このように物流の命であるデリバリーについてはきちんとした定めが必要だと思います。この「○○」の部分ですが、当事者間で取り決めをしておきましょう。指定した貨物が届かずに顧客に影響を与えてしまった場合は賠償を求められることもあり得ます。

ですからその時のルールはあらかじめ決定しておくべきでしょう。高額の賠償を求められた場合には会社の存続にも影響しますので、場合によっては上限金額などを定めることも一つです。

では物流品質について考えてみましょう。
・ トラックに積載した時点から到着後荷降ろしする時点までの間で貨物に損傷を与えた場合にはそれが物流事業者の責任である場合には○○する。

貨物損傷はあってはならないことですが、100%ないとは言い切れません。そこでこのような定めを設け、対応を決めておきます。

また物流事業者が倉庫で顧客の貨物を保管することもありますので、その時の責任についてもお互い合意しておく必要があります。

いくつか事例を挙げましたがいかがでしょうか。契約ごとですから「あいまい」が一番よくありません。考えられうる事象を極力洗い出し、それらについて一つひとつ取り決めをしていきましょう。

独占禁止法で優越的地位の濫用ということが定められており、下請法でも下請事業者を保護する項目が明記されています。

しかし一般的に現場同士では何となく理不尽とは感じつつも買い側に有利になるようなことが行われていることがあります。

契約書に書かれていないとこのようなことが起こり得ますので、それを避けるためにも契約書(SLA)の重要性を認識し、必ず漏れの無いように作成していきましょう。


■大阪で講演を行います!
 
 「勝つための物流力向上~メーカーサプライチェーンを支えるカギ~」

 私たちロジスティクスに携わる者は輸送・保管・荷役・包装・流通加工といった物流5機能だけにとらわれてはならない。それは物流という「点」を管理するにすぎないからである。これからはさらに視野を広げ、ものづくりや在庫などを含めた「面」をマネジメントできる人財が求められる。サプライチェーンとは何か、その最適化と進
化のカギは何か。メーカーサプライチェーンのスペシャリストが勝つための物流力向上について解説する。

 関西生産性本部 ロジスティクス研究会 2015年度
 「物流が拓く~勝つためのロジスティクスビジネス~」

http://www.kpcnet.or.jp/seminar/?mode=show&seq=1591

■講演DVDが発売されました!

 「成功の秘訣はココにあった!達人が伝授する荷主会社のための物流アウトソース戦略 」

 http://ebrainshop01.free.makeshop.jp/shopdetail/000000000151/

■日刊工業新聞社 工場管理 に連載中!

 「工場はまだまだ改善余地がいっぱい!
         工場管理者のための物流改善ネタ出し講座」

  5月号 第10回 宝の山を掘ろう 輸送編

 http://pub.nikkan.co.jp/magazines/detail/00000516

★物流インターネットセミナーを始めました!★ ダイジェスト版をご覧いただけます!

『成功の秘訣はココにあった!達人が伝授する荷主会社のための物流アウトソース戦略』
https://www.youtube.com/watch?v=cX5M0n9tA-Y

『中小物流会社のための事業拡大戦略~荷主会社OBが本音で語る 取引したくなる物流会社~』
https://www.youtube.com/watch?v=QarBkSVoxCI

『消費増税はライバルより一歩抜きん出る絶好のチャンスだ!~荷主から選ばれる会社に変身する黄金ルール』
https://www.youtube.com/watch?v=ZBw0o-_BlnE


物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

Kein物流改善研究所

神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台17-1-218 

 

TEL:045-350-2367

代表/受付時間10~18時)

 

email;kaizen@keinlogi.jp

 

対象地域

日本全国各地

 

お気軽にご相談ください

物流改善ブログ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に更新しています。

「収益向上に貢献する物流コスト改善のコツ」

http://blog.livedoor.jp/gz0210/

物流改善メルマガ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に発信しています。

「会社収益がみるみる向上する!

 1分でわかる物流コスト改善の

 ツボ」

http://www.mag2.com/m/0001069860.html

お勧めサイト

経営コンサルタント探しの「経営堂」

「IT企業専門の会計士事務所」

山田経営会計事務所

http://www.cpayamada.jp/

プロセスと結果で時代の変化に対応する

株式会社キーロジ

http://www.key-logi.com/

Facebook

Twitter