物流スタッフはアクティブラーニングで(3) 2日間改善

物流改善をグループで行うことは効果的です。一人だと気が付かないことを他のメンバーが気づくことがあります。

いくつものアイデアを出さなければならない時に、他の人の意見はとても参考になりますし、勉強にもなります。

グループで物流改善を行うのであれば、ぜひ「2日間改善」の手法で取り組んでみましょう。この改善はその名の通り、2日でやりきる改善です。

改善の流れはQCストーリーです。もしかしたらQCに取り組んだことがない方もいらっしゃるかもしれません。

そのような方にとってはQCについても学べる絶好の機会です。ぜひ2日間改善に取り組んでみましょう。

2日間でやりきるためには「タイムマネジメント」が重要になってきます。ビジネスは納期ありき、ですからその感覚が身についていないと失敗することがあります。

この改善ではこのタイムマネジメントについても習得することができます。そして何よりも限られた時間内でアウトプットを出すという習慣が身につくことが大きいのではないでしょうか。

何事も手が付かない、やってみようとしても時間がかかりすぎる、このような職場あるいはスタッフは少なからず存在します。

この悪習慣を断ち切るためにも納期を区切り、一定の目標を達成するしかけのある勉強の仕方が効果的でしょう。

自分たちで時間を管理し、自分たちで改善アイデアを考え、自分たちでアウトプットを出す。

これがこの2日間改善を通したアクティブラーニングの肝です。知識の習得プロセスだけでは不十分です。必ずアウトプットを伴う勉強が必要なのです。

スタッフの水準を向上し企業の成長につなげるためには知識の伝授だけでは不十分です。それを使って改善等を行い、会社の収益向上に貢献させることが求められるのです。

そのためにぜひアクティブラーニング手法を取り入れていきましょう。きっと会社に変化が見られることでしょう。

■『3つの役割を果たす!構内物流改善の進め方』

株式会社グロースベースとKein物流改善研究所との協働制作講座が完成しました!
物流のE-learningは珍しいかもしれません。一部無料で見られますので皆さんもアクセスしてみて下さいね。

https://www.kaizen-base.com/contents/logi-42826/

■日刊工業新聞社 工場管理 8月号 好評連載中!

 「工場全体を効率化できる 物流のトリセツ
『第11回 ジャスト・イン・タイム調達の実行(下)』」

 http://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0007

■日刊工業新聞社 プレス技術 8月号 好評連載中!

 「暗黒大陸の物流改善大作戦 ~プレス工場を大変身させる秘密の裏ワザ~ 
   『第23回 海外物流管理のポイント(中)』」

 http://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0003

物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

Kein物流改善研究所

神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台17-1-218 

 

TEL:045-350-2367

代表/受付時間10~18時)

 

email;kaizen@keinlogi.jp

 

対象地域

日本全国各地

 

お気軽にご相談ください

物流改善ブログ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に更新しています。

「収益向上に貢献する物流コスト改善のコツ」

http://blog.livedoor.jp/gz0210/

物流改善メルマガ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に発信しています。

「会社収益がみるみる向上する!

 1分でわかる物流コスト改善の

 ツボ」

http://www.mag2.com/m/0001069860.html

お勧めサイト

経営コンサルタント探しの「経営堂」

「IT企業専門の会計士事務所」

山田経営会計事務所

http://www.cpayamada.jp/

プロセスと結果で時代の変化に対応する

株式会社キーロジ

http://www.key-logi.com/

Facebook

Twitter