物流リードタイム短縮を考えよう 受注リードタイムはどれくらい?

毎度申し上げていることですが、今や物流に期待されていることはサプライチェーン全体の効率化です。物流コストだけを追求する時代から少々変わってきているということが正直なところだと思います。

このサプライチェーンの効率化のためにとてもとても重要な要素があります。それは何だと思われますでしょうか?

それはズバリ・・・・

「リードタイム短縮」

です。

顧客の立場で考えるとわかりますが、「買ったものはすぐ欲しい」のです。「欲しいものはすぐに手に入れたい」のです。つまりこの顧客の欲求を満たすようなサプライチェーンが構築されることが必要になってきているのです。

ですから物流もできるかぎりリードタイムを短縮し、顧客の要望に応えられるように体制づくりをしておかなければならないのです。

物流のリードタイムとは「受注から納入までの時間」を指すことが一般的です。つまりお客様が輸送を依頼されてからその荷物が目的地に到着するまでの時間をできるだけ短くしていくことを考えていかなければなりません。

この輸送の事例を少し分解してみましょう。

まず受注リードタイムです。このリードタイムは受注してからお客様の指定する場所まで荷物を引き取りに行くまでの時間です。この時間をできるだけ短縮します。

必要な車両を手配する、運転員を確保するなどの準備が必要になります。この準備時間がどれくらいかかるかがキーとなるのです。

この受注リードタイムは2日くらいが平均的なところかもしれません。庸車を使っている場合にはこれくらいの時間が当然と思われている会社もあることでしょう。

しかしこの「当然」という思考が仕事の拡大の阻害要因になっている可能性があります。

次回に続きます。


■今年最後のメーカー・流通研究会は12月19日(金)開催です!

 「『メーカー荷主も思わず納得!』

~これだけは知っておきたい!たった2時間で理解できる「物流標準時間」の基礎~」
  
 http://www.e-butsuryu.jp/seminars/462

■講演DVDが発売されました!

 「成功の秘訣はココにあった!達人が伝授する荷主会社のための物流アウトソース戦略 」

 http://ebrainshop01.free.makeshop.jp/shopdetail/000000000151/

■日刊工業新聞社 工場管理 に連載を始めました!

 「工場はまだまだ改善余地がいっぱい!
         工場管理者のための物流改善ネタ出し講座」

  12月号 宝の山を掘ろう 荷姿編 (下)

 http://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0007

★物流インターネットセミナーを始めました!★ ダイジェスト版をご覧いただけます!

『成功の秘訣はココにあった!達人が伝授する荷主会社のための物流アウトソース戦略』
https://www.youtube.com/watch?v=cX5M0n9tA-Y

『中小物流会社のための事業拡大戦略~荷主会社OBが本音で語る 取引したくなる物流会社~』
https://www.youtube.com/watch?v=QarBkSVoxCI

『消費増税はライバルより一歩抜きん出る絶好のチャンスだ!~荷主から選ばれる会社に変身する黄金ルール』
https://www.youtube.com/watch?v=ZBw0o-_BlnE


物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

Kein物流改善研究所

神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台17-1-218 

 

TEL:045-350-2367

代表/受付時間10~18時)

 

email;kaizen@keinlogi.jp

 

対象地域

日本全国各地

 

お気軽にご相談ください

物流改善ブログ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に更新しています。

「収益向上に貢献する物流コスト改善のコツ」

http://blog.livedoor.jp/gz0210/

物流改善メルマガ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に発信しています。

「会社収益がみるみる向上する!

 1分でわかる物流コスト改善の

 ツボ」

http://www.mag2.com/m/0001069860.html

お勧めサイト

経営コンサルタント探しの「経営堂」

「IT企業専門の会計士事務所」

山田経営会計事務所

http://www.cpayamada.jp/

プロセスと結果で時代の変化に対応する

株式会社キーロジ

http://www.key-logi.com/

Facebook

Twitter