物流事故を減らすには(2) KY活動とヒヤリハット活動で事故防止

物流リスクを減らすために職場巡回を行います。他部署の人による新鮮な目で観察することで、自分たちが気づかなかったようなリスクをつぶすことができるのです。

職場巡回と共に実施しておく対活動があります。それは危険余地活動です。危険余地の頭文字をとって「KY活動」と呼ばれています。

このKY活動とは、職場の一人ひとりが自分が仕事上で危険だと感じることを抽出する活動です。その情報をシェアすることで実際に危険が現実化しないようにするのです。

職場の各人が危険だと気付いたことを指定フォームに記入し、職場の掲示板に貼ったり、朝礼で紹介したりします。

職場の責任者は必要に応じ、その箇所を点検して改善を施します。

トラック輸送を行っている人は、路上で見通しが悪い箇所や小さな子供が多い場所などを抽出します。そしてドライバー間でその情報をシェアします。

「ヒヤリハット活動」も似たような活動です。実際に自分が仕事の過程で物流事故にはつながらなかったものの、ヒヤッとした事象を抽出します。

これも同様に職場で紹介することで、他の従業員が同じような思いをしないように未然に防ぐことを狙っています。

ハインリッヒの法則というものがあります。この意味するところは、1つの重大事故の背後には29の軽微な事故があり、その背景には300の異常が存在するというものです。

ヒヤリハットは異常を指します。つまりこの異常を認識した場合、それを着実につぶしていくことで重大災害を防止することにつながるのです。

このヒヤリハット活動には難しさがあります。それは従業員がその報告をしてくれないことです。なぜならそのような危険なことをしているのか、と会社から言われるのではないかと思っているからです。

そこで会社からは従業員に対して決して責めないという確約をしたうえで進めることをお勧めしたいと思います。

むしろヒヤリハットを報告した人を褒めるようなことも考えてもよいかもしれません。

次回に続きます。


■名古屋でセミナーを実施します!

 「物流スタッフのための会社利益を生み出す物流改革の実践ポイント」

 日時:平成29年9月11日(月)10:00~17:00
 場所:日本経営協会 中部本部
名古屋市東区東桜1-13-3 NHK名古屋放送センタービル10F

 詳細は以下をご覧ください。
 http://www.noma-front.com/shop/seminar/seminardetail.aspx?seminar=60009001&mikey=32fd19fc-4a63-4d8e-afbe-13d0ff84cd00&p=&ps=

■『3つの役割を果たす!構内物流改善の進め方』

株式会社グロースベースとKein物流改善研究所との協働制作講座が完成しました!
物流のE-learningは珍しいかもしれません。一部無料で見られますので皆さんもアクセスしてみて下さいね。

https://www.kaizen-base.com/contents/logi-42826/

■日刊工業新聞社 工場管理 9月号 好評連載中!

 「工場全体を効率化できる 物流のトリセツ
『第12回 正しい物流アウトソースの進め方(上)』」

 http://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0007

■日刊工業新聞社 プレス技術 9月号 好評連載中!

 「暗黒大陸の物流改善大作戦 ~プレス工場を大変身させる秘密の裏ワザ~ 
   『最終回 海外物流管理のポイント(下)』」

 http://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0003

物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

Kein物流改善研究所

神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台17-1-218 

 

TEL:045-350-2367

代表/受付時間10~18時)

 

email;kaizen@keinlogi.jp

 

対象地域

日本全国各地

 

お気軽にご相談ください

物流改善ブログ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に更新しています。

「収益向上に貢献する物流コスト改善のコツ」

http://blog.livedoor.jp/gz0210/

物流改善メルマガ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に発信しています。

「会社収益がみるみる向上する!

 1分でわかる物流コスト改善の

 ツボ」

http://www.mag2.com/m/0001069860.html

お勧めサイト

経営コンサルタント探しの「経営堂」

「IT企業専門の会計士事務所」

山田経営会計事務所

http://www.cpayamada.jp/

プロセスと結果で時代の変化に対応する

株式会社キーロジ

http://www.key-logi.com/

Facebook

Twitter