物流事業者との取引を見直す 「標準貨物自動車運送約款」を見直す

皆さんの会社が物流を本業としていないのだとしたら、物流業務は社内で実施するかアウトソースするかのどちらかになります。

物流業務の内、輸送業務はアウトソースに頼る部分が大きいと思われます。昔は自社でトラックを抱えて輸送していた会社や最近では物流子会社を持っている会社でも、物流専業者に仕事をアウトソースしたり物流子会社を売却したりしています。

これは物流を本業ととらえず、ノンコア業務だから外に出すのだ、という考え方が強いのだと推測されます。

日本は少子高齢化社会ですから徐々に働き手が少なくなることは必至です。ここで経済も縮小してってしまうようでは日本の未来はありません。

幸いにして通信販売の伸びによって物流も需要が膨らみました。一方で物流の担い手が増えないため、現時点では供給不足が課題になりつつあるのです。

一方で物流を発注する立場の会社とアウトソースの受け皿である物流事業者との関係は、まるで主従関係のように強弱が明確です。

この関係は健全な状態であるとはいえません。なぜこのような関係になってしまったのでしょうか。かつて物流は規制産業でした。つまり国に守られた産業だったわけです。

自分たちで努力しなくても仕事が入って来て利益が出ました。人を育てなくても何とかなる時代を過ごしてきたわけです。

この意識が抜けないまま規制緩和が行われ、結果的に他産業に比べて実力的に劣った産業になってしまいました。

自分たちだけで何とかなる、という状況ではなくなりつつあります。自分たちの身は自分たちで守る、それが当たり前の考え方かもしれません。

しかし主従関係のような状況はおいそれと改善できるものではありません。その是非はともかくとして、いよいよ国も見過ごせなくなってきたわけです。

国土交通省は2017年11月から「標準貨物自動車運送約款」を見直すことにしました。これは荷主会社にとっては契約書の書き方が変わるようなものです。

荷主会社もこの見直しについて、どのような内容なのかについては認識しておく必要があります。ということで、この点について確認しておきましょう。

次回に続きます。


■名古屋でセミナーを実施します!

 『物流標準時間活用による物流管理
 ~物流作業の生産性を劇的に向上する魔法のツール~』

日時:平成29年11月10日(金) 10:00~16:30
   (昼食をご用意しております。)

会場:愛知県産業労働センター 「ウインクあいち」
   名古屋駅より徒歩約2分

お申し込みは以下からお願いいたします。
http://www.tmainc.co.jp/seminor/top/3011/

■『3つの役割を果たす!構内物流改善の進め方』

株式会社グロースベースとKein物流改善研究所との協働制作講座が完成しました!
物流のE-learningは珍しいかもしれません。一部無料で見られますので皆さんもアクセスしてみて下さいね。

https://www.kaizen-base.com/contents/logi-42826/

■日刊工業新聞社 工場管理 10月号 好評連載中!

 「工場全体を効率化できる 物流のトリセツ
『第13回 正しい物流アウトソースの進め方(中)』」

 http://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0007

物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

Kein物流改善研究所

神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台17-1-218 

 

TEL:045-350-2367

代表/受付時間10~18時)

 

email;kaizen@keinlogi.jp

 

対象地域

日本全国各地

 

お気軽にご相談ください

物流改善ブログ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に更新しています。

「収益向上に貢献する物流コスト改善のコツ」

http://blog.livedoor.jp/gz0210/

物流改善メルマガ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に発信しています。

「会社収益がみるみる向上する!

 1分でわかる物流コスト改善の

 ツボ」

http://www.mag2.com/m/0001069860.html

お勧めサイト

経営コンサルタント探しの「経営堂」

「IT企業専門の会計士事務所」

山田経営会計事務所

http://www.cpayamada.jp/

プロセスと結果で時代の変化に対応する

株式会社キーロジ

http://www.key-logi.com/

Facebook

Twitter