物流会社の役割と荷主会社の役割 輸送効率向上に向けて

物流業務を効率的に実施していくためには物流会社、荷主会社のどちらかが頑張るだけではだめであることは皆さんもご理解されていることだと思います。

しかしこの点を理解されていないケースや誤解されているケースがあることも事実です。ということで、今回は物流会社の役割と荷主会社の役割について考えてみたいと思います。

どの荷主会社でも大体物流コストの約6割を輸送が占めていると思います。そこで輸送効率向上に関してお互いがやるべきことについて考えていきましょう。

輸送効率を示す尺度には「実車率」や「回転率」、「積載率」などがあります。そこでこれらについて見ていきましょう。

「実車率」とは総輸送時間に占める「ものを運搬している時間」の比率のことを指します。イメージとしてタクシーがお客さんを乗せて走っている時間の比率と考えればよいと思います。

この率は原則として物流会社が仕事を受注することによって高めることができます。したがいまして実車率を高める役割は物流会社にあると考えることが一般的でしょう。

では「回転率」はどうでしょうか。これはトラックが一日何回転できるかということになります。この率が高ければ高いほど効率的に仕事ができていることになるでしょう。

これも物流会社の努力と言いたいところですが、実はこの回転率向上を阻害する要因を荷主会社が作ってしまっていることがあるのです。

その典型的な例が「トラックを待たせる時間」です。思い当たる荷主会社の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

荷主の構内に積み込みに行ったはいいが荷が揃っていなくて待たされる、ということが多発しています。そこでこの回転率向上に向けては物流会社と荷主会社が共に努力をしなければならないということになります。

最後に積載率はどうでしょうか。これは契約形態によって異なります。もし「車建契約」であれば荷主がトラックをチャーターするので積めば積むほど荷主にとっては良いことになります。したがってこの努力は荷主の役割と言ってよいでしょう。

一方「個建契約」の場合は物流会社がより多くの荷主から荷物を集めないと儲からないことになります。したがってこの場合の積載率向上の役割は物流会社にあると言えます。

次回に続きます。


■物流コスト削減のウルトラCについて講演を行います!

『物流コスト削減のための調達物流改革』

調達物流をサプライヤー任せにしていてはなかなかコストは下がりません。
ジャストインタイム調達とコスト削減の両立を図るウルトラCの導入ポイント
について解説いたします。

日 時:12月17日(水)10:00~17:00
会 場:東京 渋谷 日本生産性本部 生産性ビル
    7F 71セミナールーム
http://www.j-ie.com/activity/ie-seminar/management-innovation/post-18706/

■今年最後のメーカー・流通研究会は12月19日(金)開催です!

 「『メーカー荷主も思わず納得!』

~これだけは知っておきたい!たった2時間で理解できる「物流標準時間」の基礎~」
  
 http://www.e-butsuryu.jp/seminars/462

■講演DVDが発売されました!

 「成功の秘訣はココにあった!達人が伝授する荷主会社のための物流アウトソース戦略 」

 http://ebrainshop01.free.makeshop.jp/shopdetail/000000000151/

■日刊工業新聞社 工場管理 に連載を始めました!

 「工場はまだまだ改善余地がいっぱい!
         工場管理者のための物流改善ネタ出し講座」

  12月号 宝の山を掘ろう 荷姿編 (下)

 http://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0007

★物流インターネットセミナーを始めました!★ ダイジェスト版をご覧いただけます!

『成功の秘訣はココにあった!達人が伝授する荷主会社のための物流アウトソース戦略』
https://www.youtube.com/watch?v=cX5M0n9tA-Y

『中小物流会社のための事業拡大戦略~荷主会社OBが本音で語る 取引したくなる物流会社~』
https://www.youtube.com/watch?v=QarBkSVoxCI

『消費増税はライバルより一歩抜きん出る絶好のチャンスだ!~荷主から選ばれる会社に変身する黄金ルール』
https://www.youtube.com/watch?v=ZBw0o-_BlnE


物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

Kein物流改善研究所

神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台17-1-218 

 

TEL:045-350-2367

代表/受付時間10~18時)

 

email;kaizen@keinlogi.jp

 

対象地域

日本全国各地

 

お気軽にご相談ください

物流改善ブログ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に更新しています。

「収益向上に貢献する物流コスト改善のコツ」

http://blog.livedoor.jp/gz0210/

物流改善メルマガ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に発信しています。

「会社収益がみるみる向上する!

 1分でわかる物流コスト改善の

 ツボ」

http://www.mag2.com/m/0001069860.html

お勧めサイト

経営コンサルタント探しの「経営堂」

「IT企業専門の会計士事務所」

山田経営会計事務所

http://www.cpayamada.jp/

プロセスと結果で時代の変化に対応する

株式会社キーロジ

http://www.key-logi.com/

Facebook

Twitter