物流作業指示は何ですか(2)

【お知らせ】物流人財育成のための無料動画セミナーを開始しました!

今回のテーマは「稼ぎの源泉は現場力!物流技能向上施策を導入せよ!」
です。サブタイトルを「~顧客のハートをつかめる人財を育てるために~ 」
ということで、現場力を高めるとともに、顧客のハートをつかむことでビジネス拡大に貢献できる人財を育成するポイントをまとめてあります。

物流人財を育てたいとは思っていても、何から手をつけたら良いのかわからない、という方にはぜひご覧いただきたいと思います。

5回に分けて動画つきのメールをお送りいたしますので、好きな時間にご覧いただき勉強していただければ、と思います。

お申し込みは以下からお願いします。

PCの方
https://24auto.biz/keinlogi/touroku/entryform3.htm

携帯電話の方
https://24auto.biz/keinlogi/touroku/sp/entryform3.htm


【本日の内容はココから】


前回お話した「袋詰め作業」はまとめ作業でした。倉庫内効率を向上するために、こういった作業の場合は作業者にペースを委ねるのではなく、「何時何分までにいくつつくる」という指示が必要になります。

本来であれば後工程が要求するものを、後工程が必要とするスピードでつくることが基本です。たとえば袋詰め作業でいえば、もし後工程が出荷準備工程ということになり、そこが顧客向けの箱詰めを行っているとするとどうなるでしょうか。

後工程は1つの箱詰めに2分要し、1箱に20個製品を入れる必要があるとすれば、袋詰めは6秒に1袋を実施する必要があります。

もし1袋あたりの詰め作業に30秒要するとすれば、5人の作業者を投入し一斉に作業を指示することが必要となります。

このように計画的に実施していかない場合、前回もご説明したように在庫を抱える必要があります。またペースを作業者に委ねていますから、本来であれば必要のない残業が作業者の判断で行われる可能性があります。

作業の種類が多い場合にこの作業指示を与えることが難しいという話も聞きます。しかし少しずつでもよいので、物流作業計画を作成し、その指示を出していくようにしましょう。

そのためには製品ごとに入庫する必要時間、出庫に要する時間等、作業単位に設定していく必要があります。

入庫や出庫は1箱出し入れする際に必要となる時間を設定します。梱包作業では1梱包あたりの時間値を設定します。

最初は大変かもしれませんが、一度作成しておけば後が楽になります。自社だけでできない場合は外部コンサルタントを使ってでもやってしまいましょう。

次回に続きます。


物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

工場管理 好評連載中! 6月号「これだけ持って行けば万全!海外工場支援者のための『物流指導7つ道具』第8回 道具5 物流評価シート(上)」
http://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0007

Logistics Trend 好評連載中! 5・6月号「物流のiPS細胞を探せ!!製造SCM進化論 第6回工場内部の物流改善(上)」
http://www.logistics-trend.com

初回講座で合格率93%をたたき出したスーパー講座!「物流現場リーダー育成講座2013 」
http://www.youtube.com/watch?v=afH_EwY8qfI

Kein物流改善研究所

神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台17-1-218 

 

TEL:045-350-2367

代表/受付時間10~18時)

 

email;kaizen@keinlogi.jp

 

対象地域

日本全国各地

 

お気軽にご相談ください

物流改善ブログ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に更新しています。

「収益向上に貢献する物流コスト改善のコツ」

http://blog.livedoor.jp/gz0210/

物流改善メルマガ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に発信しています。

「会社収益がみるみる向上する!

 1分でわかる物流コスト改善の

 ツボ」

http://www.mag2.com/m/0001069860.html

お勧めサイト

経営コンサルタント探しの「経営堂」

「IT企業専門の会計士事務所」

山田経営会計事務所

http://www.cpayamada.jp/

プロセスと結果で時代の変化に対応する

株式会社キーロジ

http://www.key-logi.com/

Facebook

Twitter