物流収益管理の大切さ(3) 各部門の役割とは

営業担当者が安易に実力以上のサービスを顧客に提示してしまうと現場は大変なことになります。まったく利益の出ない顧客を抱えてしまうからです。

同じ入出庫業務と配送業務を請け負ったとしても、ある得意先は数パーセントの利益が出るのに別の得意先は赤字ということがよくあるのです。

その要因の一つとして配送回数が挙げられます。黒字の得意先では一日一回の配送の契約でした。一方で赤字の取引先では一日四回の配送を行う契約を結んでいたのです。

営業担当者は仕事を取りたいために実力以上のサービスを相手に提示してしまったことによります。営業担当は十分に会社の収益構造を理解して仕事を取りにいかなければならないですね。

こういったことを避けるためには取引による収益に関してある程度営業担当者の評価につなげることが挙げられます。

これは在庫を必要以上に持ってしまう調達担当者を在庫量で評価することに似ています。調達担当者は安く調達するために必要以上のロットで発注してしまうことがあるのです。

物流は他の部門の結果が表れる特性を持っています。そこで物流に他部署が悪影響を与えないように牽制していくしくみが必要になるのです。

得意先別に収支を管理するとともに物流に影響を与える部門の評価も同時に行っていくことが望まれます。

物流現場サイドとしましても自ら効率化を図り、コスト低減を行っていかなければなりません。このコスト削減は現場の責務とも言えます。

毎年一定のコスト低減率を現場のタスクとして課すことが必要です。これを行っていない会社はぜひ実施していきましょう。

目標を設定されなければ物流現場の動機づけにはつながりません。物流現場には一定の利益目標を与え、その達成方策の一つとしてコスト低減を実施していくのです。

いかがでしょうか。物流会社は収益率が低いとみられがちですが、それは会社の取り組み方次第であると認識すべきです。

やるべきこと、やってはいけないことを明確にし、それを愚直に実行していく。これこそが会社収益を押し上げていく方策だと考えるべきでしょう。


■セミナーのご案内

 第七回 メーカー・流通研究会は8月22日に開催します!
 どなたでも参加できますよ!お待ちしております。

 『構内物流の果たすべき三つ役割:第二、第三の役割を理解せよ!

  ~工場内でリーダー的存在となる高付加価値物流とは~ 』

 http://www.e-butsuryu.jp/seminars/442

■日刊工業新聞社 工場管理 に連載を始めました!

 「工場はまだまだ改善余地がいっぱい!
         工場管理者のための物流改善ネタ出し講座」

  8月号 なぜ物流は宝の山なのか

 http://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0007

★物流インターネットセミナーを始めました!★ ダイジェスト版をご覧いただけます!

『成功の秘訣はココにあった!達人が伝授する荷主会社のための物流アウトソース戦略』
https://www.youtube.com/watch?v=cX5M0n9tA-Y

『中小物流会社のための事業拡大戦略~荷主会社OBが本音で語る 取引したくなる物流会社~』
https://www.youtube.com/watch?v=QarBkSVoxCI

『消費増税はライバルより一歩抜きん出る絶好のチャンスだ!~荷主から選ばれる会社に変身する黄金ルール』
https://www.youtube.com/watch?v=ZBw0o-_BlnE


物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

Kein物流改善研究所

神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台17-1-218 

 

TEL:045-350-2367

代表/受付時間10~18時)

 

email;kaizen@keinlogi.jp

 

対象地域

日本全国各地

 

お気軽にご相談ください

物流改善ブログ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に更新しています。

「収益向上に貢献する物流コスト改善のコツ」

http://blog.livedoor.jp/gz0210/

物流改善メルマガ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に発信しています。

「会社収益がみるみる向上する!

 1分でわかる物流コスト改善の

 ツボ」

http://www.mag2.com/m/0001069860.html

お勧めサイト

経営コンサルタント探しの「経営堂」

「IT企業専門の会計士事務所」

山田経営会計事務所

http://www.cpayamada.jp/

プロセスと結果で時代の変化に対応する

株式会社キーロジ

http://www.key-logi.com/

Facebook

Twitter