物流容器の考え方(2) 容器モジュールの統一

容器の考え方として統一感が重要なのですが、その統一感の1つが「容器同士が重なること」です。そのためには1つには底面積が同じで高さだけが違うこと、もう1つは底面積が異なったとしても、大きな容器の上に小さな容器が積み重なることがポイントとなります。

この考え方はパレットの上に載せる箱型容器でも、大型の鉄製容器でも同じです。要は積み重ねができることを重要ポイントとして考えます。

この時に、容器の部位の内、積み重ねる「箇所」がどのようになっているかが重要です。ここが異なっていると底面積が同じでも重ねることができません。

容器の四隅に柱があります。この根元がお椀をひっくり返したような「皿タイプ」と、容器の中央にくぼみがあり、そこに他容器の突起がはまるようになっている「ネスティングタイプ」があります。

このタイプを統一することも重要になってくるのです。

パレットに載せる小型容器も、大型の鉄製容器も空の時には圧縮できるように設計しなければなりません。

圧縮の仕方にも「折り畳み」と「ネスティング」があります。中に何も入れないときには空容器だけを輸送しますので、できるだけ圧縮することが望ましいでしょう。

圧縮には容器保管場を小さくできるというメリットもあります。圧縮するときに「工数がかかる」とか、「誰がたたむべきか」などの不毛な論議を耳にすることがありますが、圧縮しないために会社で余分な輸送費を流出させることの方を論議すべきですね。

仮に今すぐに折りたためなくても、圧縮仕様にしておけば、その時に圧縮が可能ですから、必ずそのような仕様にしておきましょう。

容器の考え方として「できるだけ種類数を絞る」ことも重要です。種類を増やせば増やすほど管理は大変ですし、輸送上のロスも発生しやすくなります。

容器モジュールを決め、その範囲内で荷姿をつくっていくことを心がけましょう。

さて容器モジュールを定めた後には運用が待っています。ここももしかしたら少し骨が折れることがあるかもしれません。

企業グループとして統一された容器モジュールを活用することは、間違いなく物流効率化につながります。

一方でこれができないと様々な物流ロスを発生させかねないので注意が必要です。

次回に続きます。


★ 輸送改善の書籍を出版しました!

『みるみる効果が上がる!製造業の輸送改善 ~物流コストを30%削減~』

製造業の物流コストのおよそ6割が輸送コストです。つまり物流コストを下げるためには輸送の効率を向上させることが最重要なのです。
本書では単なる輸送価格を下げるだけではなく、根本的に輸送効率を向上させ、輸送コストを下げるための方策を数多く例示しました。
輸送価格上昇の時代に突入しましたが、そのような環境下でも輸送コストを下げながらジャストインタイム輸送を実現しましょう!
http://pub.nikkan.co.jp/books/detail/00003268


1.東京で構内物流のセミナーを実施します!

 「工場の効率を劇的に向上させる
  構内物流の果たすべき役割」
 
 2018年4月17日(火) 10:00~17:00
 東京・平河町近辺の会議室
 詳細は以下からお願いいたします。
 http://www.j-ie.com/activity/ie-seminar/manufacturing-innovation/post-16963/

2.東京で構内物流改善のセミナーを実施します!

 「生産ラインを高効率にする!高品質な製品をつくる!
  3ステップ式 構内物流カイゼンの具体的な進め方
  ~陥りやすい物流改革の勘違いと是正方法を理解し、構内物流で生産統制を行う」
 
 2018年 5月 9日(水) 10:00~17:00
 日刊工業新聞社 東京本社 セミナールーム
 詳細は以下からお願いいたします。
 http://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/1578

■『3つの役割を果たす!構内物流改善の進め方』

カイゼンベース株式会社とKein物流改善研究所との協働制作講座が完成しました!
物流のE-learningは珍しいかもしれません。一部無料で見られますので皆さんもアクセスしてみて下さいね。

https://www.kaizen-base.com/contents/logi-42826/

■日刊工業新聞社 工場管理 3月号 好評連載中!

 「工場全体を効率化できる 物流のトリセツ
『最終回 海外物流への取組み(下)』」

 http://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0007

物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

Kein物流改善研究所

神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台17-1-218 

 

TEL:045-350-2367

代表/受付時間10~18時)

 

email;kaizen@keinlogi.jp

 

対象地域

日本全国各地

 

お気軽にご相談ください

物流改善ブログ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に更新しています。

「収益向上に貢献する物流コスト改善のコツ」

http://blog.livedoor.jp/gz0210/

物流改善メルマガ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に発信しています。

「会社収益がみるみる向上する!

 1分でわかる物流コスト改善の

 ツボ」

http://www.mag2.com/m/0001069860.html

お勧めサイト

経営コンサルタント探しの「経営堂」

「IT企業専門の会計士事務所」

山田経営会計事務所

http://www.cpayamada.jp/

プロセスと結果で時代の変化に対応する

株式会社キーロジ

http://www.key-logi.com/

Facebook

Twitter