物流工程へのシステムと自動設備導入(2) 中途半端な導入は危険

物流自動設備の導入にあたっては中途半端な導入は危険だと思います。前回もお話した通り、新設物流センターを全自動化するようなケースではメリットが大きいと思います。

しかし工程の途中の一部だけの自動化はリスクを伴います。たとえば運搬を自動化する際に、AGVへの載せ降ろし作業を人手で行うようなケースが考えられます。

AGVで運搬する際に、AGV本体にフォークリフトで荷物を積み込むようなことがあります。運搬先でもフォークリフトを使って荷物を降ろすのですが、このような中途半端な自動化は避けた方がよいでしょう。

なぜならAGVを使うより、人による運搬の方が速いことが考えられるからです。先の例ではAGVという物流自動設備に人間が使われてしまっているという奇妙なことが起きているのです。

ですから物流現場に自動設備を導入するのであれば、一定の工程を丸ごと自動化し、その工程では人手をかけないようにするくらいの発想が必要だと思います。

保管型物流自動設備の代表といえば立体型自動倉庫でしょう。倉庫の高さを活用し、多くの棚間口を設け保管効率を向上させます。

自動倉庫は情報システムと連携し、入庫情報、出庫情報で指示を与えれば、あとはクレーンがその間口に移動して入出庫作業を行います。

ただし指示を与えてから実際に出庫するまでに一定の時間がかかります。連続作業で複数の指示を与え、待つ時間を短縮する(実際にはその待ち時間に別の作業、たとえば箱からの取り出しなどを行う)ことが可能ですが、単発の出庫作業では待ち時間が発生することを認識しておかなければなりません。

物流現場ではこの「待ち時間」が嫌われます。ですから物流設備導入にあたっては、自職場に本当にその設備がマッチしているのかどうかも確認する必要があります。

今は棚間の空間をクレーンが走るタイプ以外の自動倉庫があります。棚間空間はなく、倉庫の最上部の空間を荷役スペースにしているタイプの自動倉庫です。

このタイプだと圧倒的に保管効率が向上します。ただしネックは価格でしょう。思いのほか導入コストがかかりますので、導入検討には慎重さが求められます。

当然のことですが、ぱっと見で自動設備に「一目ぼれ」するようなことが無いように心がけたいものです。

本当にその設備導入で今の困りごとが解消できるのか、短期間での投資回収が可能なのかについてはより厳しい目で見ていくことをお勧めしたいと思います。

次回に続きます。


■浜松で生産管理のセミナーを実施します!

  「4ステップで学ぶ 生産管理」

 2018年10月1日(月)10:00~17:00
 アクトシティ浜松 研修交流センター
  JR浜松駅から徒歩8分
 詳細は以下からお願いいたします。
 http://www.tmainc.co.jp/seminor/top/3381/

■東京で輸送改善のセミナーを実施します!

  「物流コストの約60%を占める輸送費大幅削減の実践
   ~荷主様必見! ドライバー不足時代は改善で乗り切れる!~」

 2018年10月9日(火) 10:00~17:00
 東京・平河町近辺の会議室
 詳細は以下からお願いいたします。
 http://www.j-ie.com/activity/ie-seminar/ie-specialty/post-34287/

■姫路で生産管理のセミナーを実施します!

  「4ステップで学ぶ 生産管理」

 2018年10月10日(水)9:30~16:30
 姫路商工会議所 会議室 詳細は以下からお願いいたします。
 http://www.tmainc.co.jp/seminor/top/3364/

■東京でメーカー・流通研究会を実施します!

  「テーマ:構内物流の果たすべき三つの役割:第二、第三の役割を理解せよ」
 
 2018年10月29日(月)14:00~17:00
 国際物流総合研究所 セミナールーム
 詳細は以下からお願いいたします。
 http://www.e-butsuryu.jp/seminars/593

■東京で物流自動化のセミナーを実施します!

  「~物流システム化失敗を避けるための処方箋~
   物流自動化・システム化の「正しい」進め方・チェックポイント」

 2018年 10月 30日(火)13:30~16:30
 日刊工業新聞社 東京本社 セミナールーム
 詳細は以下からお願いいたします。
 https://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/1981
■東京で構内物流のセミナーを実施します!

  「生産ラインを高効率にする!高品質な製品をつくる!
   3ステップ式構内物流カイゼンの具体的な進め方
   ~陥りやすい物流改革の勘違いと是正方法を理解し、構内物流で生産統制を行う」

 2018年 11月 5日(月) 10:00~17:00
 日刊工業新聞社 東京本社 セミナールーム
 詳細は以下からお願いいたします。
 https://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/2026

■東京で物流IEのセミナーを実施します!

  「~たったの6時間で身につける魔法のツール~ 超簡単!物流IE実践セミナー」
 
 2018年11月8日(木)10:00~17:00
 日本ロジスティクスシステム協会 研修室
 詳細は以下からお願いいたします。
 http://jils.force.com/servlet/servlet.FileDownload?file=00P5F00000vJc5PUAS

■東京で梱包改善のセミナーを実施します!

  「工場の最後の砦を徹底改善!梱包品質・出荷生産性の劇的向上秘訣
   ~頭を働かせ、手を動かして学ぶ体感型セミナー~」

 2018年12月18日(火) 10:00~17:00
 東京・平河町近辺の会議室
 詳細は以下からお願いいたします。
 http://www.j-ie.com/activity/ie-seminar/site-innovation/post-35329/

■『3つの役割を果たす!構内物流改善の進め方』

カイゼンベース株式会社とKein物流改善研究所との協働制作講座が完成しました!
物流のE-learningは珍しいかもしれません。一部無料で見られますので皆さんもアクセスしてみて下さいね。

https://www.kaizen-base.com/contents/logi-42826/

■日刊工業新聞社 工場管理 9月号 好評連載中!

 「工場物流進化論~物流変革時代を乗り切るヒント
第5回  荷主勧告制度を理解する」

 http://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0007

物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

Kein物流改善研究所

神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台17-1-218 

 

TEL:045-350-2367

代表/受付時間10~18時)

 

email;kaizen@keinlogi.jp

 

対象地域

日本全国各地

 

お気軽にご相談ください

物流改善ブログ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に更新しています。

「収益向上に貢献する物流コスト改善のコツ」

http://blog.livedoor.jp/gz0210/

物流改善メルマガ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に発信しています。

「会社収益がみるみる向上する!

 1分でわかる物流コスト改善の

 ツボ」

http://www.mag2.com/m/0001069860.html

お勧めサイト

経営コンサルタント探しの「経営堂」

「IT企業専門の会計士事務所」

山田経営会計事務所

http://www.cpayamada.jp/

プロセスと結果で時代の変化に対応する

株式会社キーロジ

http://www.key-logi.com/

Facebook

Twitter