物流改善の考え方と優先度 工場内物流の効率化とその影響

皆さんは物流改善というとどのようなイメージを持ちますでしょうか。多くの人が物流はコストだという認識があります。

物流=コスト、この考えは間違っているわけではありません。物流費を外払いしている場合、それを減らせばその分会社の利益になります。

ですから物流コスト改善は必ずやらなければならない行為であることは間違いではありません。しかし問題はその優先度と内容です。

何が言いたいかというと物流コスト改善を優先的に取り組むことで、他に悪影響が出るケースがあること、これを知っていただきたいのです。

これは外払いの物流に限りません。社内物流でも同様です。たとえば工場内物流などはこの優先度について最も気を付けなければならない業務なのです。

それは何故でしょうか。次のケースで考えてみたいと思います。

工場内物流はサプライヤーから納入された部品を生産工程に運びます。この作業のことを供給作業と呼びます。

工場内物流はどのようにしたら効率化できるでしょうか。物流の原理原則ですが、まとめて運ぶことは物流自体の効率化の鉄則です。

ではこの原則に基づき工場内物流が「まとめ供給」を実施したとするとどのようなことが起きるでしょうか。

工場内物流の部署は今まで小刻みに運んでいた作業をまとめ作業化できますので、時間を省くことができます。その時間で他の仕事に取り組むことができるでしょう。

では生産工程ではどのようなことが発生するのでしょうか。

まとめて運搬された「今使わない部品」の在庫がたまります。それによってラインサイドが狭くなり、今必要な部品を取り出す時に探したり、歩行したりすることになるでしょう。

結果的にものづくりの生産性が低下します。これは何を示しているのでしょうか。それは物流改善の優先度とやり方を間違えたといわざるを得ません。

物流が自分たちの効率化というわがままを実行して生産工程にしわを寄せるという、絶対にやってはならないことを行ってしまったのです。

次回に続きます。


■東京で調達物流のセミナーを実施します!

 『物流コスト削減とジャストインタイム物流を両立せよ!!
  物流コスト3割削減も狙える「調達物流改革」』

日時:2017年12月12日(火) 10:00~17:00

会場:東京・渋谷近辺の会議室

お申し込みは
http://www.j-ie.com/activity/ie-seminar/management-innovation/post-18706/

■『3つの役割を果たす!構内物流改善の進め方』

カイゼンベース株式会社とKein物流改善研究所との協働制作講座が完成しました!
物流のE-learningは珍しいかもしれません。一部無料で見られますので皆さんもアクセスしてみて下さいね。

https://www.kaizen-base.com/contents/logi-42826/

■日刊工業新聞社 工場管理 12月号 好評連載中!

 「工場全体を効率化できる 物流のトリセツ
『第15回 工場物流効率化の進め方(上)』」

 http://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0007

物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

Kein物流改善研究所

神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台17-1-218 

 

TEL:045-350-2367

代表/受付時間10~18時)

 

email;kaizen@keinlogi.jp

 

対象地域

日本全国各地

 

お気軽にご相談ください

物流改善ブログ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に更新しています。

「収益向上に貢献する物流コスト改善のコツ」

http://blog.livedoor.jp/gz0210/

物流改善メルマガ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に発信しています。

「会社収益がみるみる向上する!

 1分でわかる物流コスト改善の

 ツボ」

http://www.mag2.com/m/0001069860.html

お勧めサイト

経営コンサルタント探しの「経営堂」

「IT企業専門の会計士事務所」

山田経営会計事務所

http://www.cpayamada.jp/

プロセスと結果で時代の変化に対応する

株式会社キーロジ

http://www.key-logi.com/

Facebook

Twitter