物流業での困りごとは何ですか? 物流業と女性労働者

 

急な雨が降り出し、台車を押しながら配達する宅配業者を見かけました。トラックから台車に荷降ろししている担当者は台車にビニールシートをかける作業を行っていました。

 

 

 

一方で配達中の担当者は荷物を濡らしながら台車を押していました。当然段ボール箱は雨に打たれてしまっており、配達先で一言二言小言を言われることでしょう。

 

 

 

後者はリスクマネジメントが不十分と言われても仕方ありません。常に雨が心配されていた日なので、いつでも荷物を雨から守る準備が必要なのです。

 

 

 

さてこの事例でも明らかなように物流業にとって天候は一つの困りごとです。こんな時にワンタッチで開く傘のように極力物流担当者の手を煩わせない“しかけ”があると助かりますね。

 

 

 

大型トラックの場合はもっと大変です。平ボディーに荷を積んで走っている途中で雨が降り出した!なんて時に、トラックを路肩に止めてシートをかけているドライバーを見かけたことがあるのではないでしょうか。

 

 

 

このシート掛けは結構重労働です。男性の方であれば今のままでも何とかなるかもしれません。しかし今後の物流は女性の力も借りないと何ともなりません。ということは、女性の力でも難なく掛けられる、あるいは別の方法で雨を避けられるツールが欲しいところです。

 

 

 

天候については致し方ないので、天候に変化があった時にいかに容易に対応ができるかを考えなければなりませんし、それが一つのビジネスにつながることも考えられます。

 

 

 

急な積雪時に容易に滑り止めを付けられるには?これも困りごとに対する課題ですね。この場合もキーワードは女性です。

 

 

 

かつて製造業で女性の活用について論議されたことがありました。実際に男の現場である製造現場に女性を参画させるためには何を準備しなければならないのか検討がなされたのです。

 

 

 

女性更衣室やトイレなど、結構直さなければならないハードウエアが出てきました。それを直すのにもお金がかかります。

 

 

 

これについては物流現場でも同じことが言えるのです。

 

 

 

また将来的に発生する可能性として「外国人労働者」の物流現場への参入が考えられます。今まで日本人だけで運営してきた物流現場に外国人労働者が入ってくることを想像してみて下さい。

 

 

 

次回に続きます。

 

 

 

  

 

■ 日本カイゼンプロジェクトのホームページに2本目の動画が掲載されました!

 

 

 

  「工場内物流の改革」

 

 

 

 以下からご覧ください。

 

 https://www.kaizenproject.jp/

 

 

 

■『3つの役割を果たす!構内物流改善の進め方』

 

 

 

カイゼンベース株式会社とKein物流改善研究所との協働制作講座が完成しました!

 

物流のE-learningは珍しいかもしれません。一部無料で見られますので皆さんもアクセスしてみて下さいね。

 

 

 

https://www.kaizen-base.com/contents/logi-42826/

 

 

 

物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所

 

http://www.keinlogi.jp/

 

Kein物流改善研究所

神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台17-1-218 

 

TEL:045-350-2367

代表/受付時間10~18時)

 

email;kaizen@keinlogi.jp

 

対象地域

日本全国各地

 

お気軽にご相談ください

物流改善ブログ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に更新しています。

「収益向上に貢献する物流コスト改善のコツ」

http://blog.livedoor.jp/gz0210/

物流改善メルマガ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に発信しています。

「会社収益がみるみる向上する!

 1分でわかる物流コスト改善の

 ツボ」

http://www.mag2.com/m/0001069860.html

お勧めサイト

経営コンサルタント探しの「経営堂」

「IT企業専門の会計士事務所」

山田経営会計事務所

http://www.cpayamada.jp/

プロセスと結果で時代の変化に対応する

株式会社キーロジ

http://www.key-logi.com/

Facebook

Twitter