物流業と在庫管理(2) 在庫と利益の関係

在庫が増えれば利益も増えるということが論議の的になることがあります。一見在庫が利益につながるなんて、と思われるかもしれません。しかしそれは次の算式でも明らかなのです。

利益=売上-売上原価
売上原価=期首在庫+期中仕入-期末在庫

たとえば売上が1000万、期首在庫が300万、期中仕入が450万、期末在庫が200万だったとしましょう。

この時の利益は
1000万-(300万+450万-200万)=450万
となります。

もし期末在庫が300万だったとすると、利益は550万になります。つまり在庫が100万増えたら利益も100万増えたということになります。

だから在庫を持つことは利益の視点から正しいのだ、ということを言う人がいるのです。

しかし売りを伴わない在庫が増えるということは、会社のキャッシュを圧迫するだけではなく、本来なくてもよいはずのコストを生じさせてしまうのです。

それが在庫を保管するための容器であり保管場所であり、在庫を横持ちするための費用であり管理であるわけです。

このような付帯的に発生するコストなどを考慮せずに見かけ上の利益だけにとらわれてしまうことは危険ですから、物流の観点からも荷主に適切なアドバイスをすることが求められるのです。

在庫のリスクとして廃棄リスクが挙げられます。売れる見通しのある在庫であればまだ良いのですが、その当てがなければリスクが大きいと言えます。

もしそれが売れなければ持っていても意味がありませんよね。最終的にはお荷物に他なりませんので処分せざるを得ません。

そのための処分コストがかかってくるのです。この在庫のことを「罪固」と呼びます。私たちは「財庫」を持つことは許されますが、「罪固」は決して持ってはならないのです。

物流の観点から見て在庫は往々にして「場所があると保有してしまう」傾向があります。工場でも倉庫でも同じですが、場所があればものを置きたがるのです。

そこでこれを逆手にとって考えてみることが必要です。つまり在庫を置けなくしてしまうことで必要以上の在庫を保有させないようにするのです。

次回に続きます。


★物流インターネットセミナーを始めました!★ ダイジェスト版をご覧いただけます!

『成功の秘訣はココにあった!達人が伝授する荷主会社のための物流アウトソース戦略』
https://www.youtube.com/watch?v=cX5M0n9tA-Y

『中小物流会社のための事業拡大戦略~荷主会社OBが本音で語る 取引したくなる物流会社~』
https://www.youtube.com/watch?v=QarBkSVoxCI

『消費増税はライバルより一歩抜きん出る絶好のチャンスだ!~荷主から選ばれる会社に変身する黄金ルール』
https://www.youtube.com/watch?v=ZBw0o-_BlnE


物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

Kein物流改善研究所

神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台17-1-218 

 

TEL:045-350-2367

代表/受付時間10~18時)

 

email;kaizen@keinlogi.jp

 

対象地域

日本全国各地

 

お気軽にご相談ください

物流改善ブログ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に更新しています。

「収益向上に貢献する物流コスト改善のコツ」

http://blog.livedoor.jp/gz0210/

物流改善メルマガ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に発信しています。

「会社収益がみるみる向上する!

 1分でわかる物流コスト改善の

 ツボ」

http://www.mag2.com/m/0001069860.html

お勧めサイト

経営コンサルタント探しの「経営堂」

「IT企業専門の会計士事務所」

山田経営会計事務所

http://www.cpayamada.jp/

プロセスと結果で時代の変化に対応する

株式会社キーロジ

http://www.key-logi.com/

Facebook

Twitter