物流現場での労務管理(2) 正しい人事評価をしているか

物流現場の作業者に対する評価も労務管理上重要な監督者業務だと言えそうです。今、自分の部下の評価をどのようにして実施しているでしょうか。

これは会社の人事制度によると思いますが、一定の成績評価を導入している会社であればより公平に正しく評価することが求められます。

物流現場では何をもって成績の評価をしたらよいのでしょうか。その一つが仕事の生産性であると考えられます。

ある人は1時間に100処理でき、ある人が120だったとしたら、後者の方が生産性が高いと言えます。そこで120処理できる人の方が生産性評価では良い点をつけることになります。

また改善提案件数も評価項目になり得ると思います。改善提案の件数そのものでもよいでしょうし、改善効果で評価するのも一つの考え方です。

その会社なりに物流現場での評価方法を定めておくことが望ましいと思われます。

一方で、このようなデータを取っていない場合が考えられます。この場合には正当な評価ができなくなってしまいます。常日頃から作業者個々人のデータを把握しておくようにしましょう。

会社の中にいくつも似たような物流現場があるケースも考えられます。その場合、一つの職場だけで成績を評価するのではなく、全体で評価することも考えましょう。

それは職場間での公平性を確保するためです。それぞれの職場の風土もあり、比較的てきぱきと仕事をこなす職場と、どちらかというとのんびりとした職場があったとすると、その職場内だけで判断すると公平性に欠けてしまうことがあります。

両方を合わせて生産性評価の順位や提案評価の順位をつけていく方がベターです。

さらに評価の結果は個々の作業者にきちんとフィードバックしましょう。どこが良かったのか、改善すべき点は何なのか、しっかりと面談して伝えることが重要です。

そしてこのフィードバックが作業者の改善につながるように仕向けていくことです。こういった労務管理ができて初めて職場の生産性や品質の向上につながるのです。

次回に続きます。


物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

工場管理 好評連載中! 1月号「工場収益をメキメキ向上させる!工場管理者のための物流アウトソース成功の秘訣 第4回 正しい物流アウトソースのステップ(2)」
http://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0007

Kein物流改善研究所

神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台17-1-218 

 

TEL:045-350-2367

代表/受付時間10~18時)

 

email;kaizen@keinlogi.jp

 

対象地域

日本全国各地

 

お気軽にご相談ください

物流改善ブログ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に更新しています。

「収益向上に貢献する物流コスト改善のコツ」

http://blog.livedoor.jp/gz0210/

物流改善メルマガ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に発信しています。

「会社収益がみるみる向上する!

 1分でわかる物流コスト改善の

 ツボ」

http://www.mag2.com/m/0001069860.html

お勧めサイト

経営コンサルタント探しの「経営堂」

「IT企業専門の会計士事務所」

山田経営会計事務所

http://www.cpayamada.jp/

プロセスと結果で時代の変化に対応する

株式会社キーロジ

http://www.key-logi.com/

Facebook

Twitter