物流現場の労務管理(2) 労働時間管理

物流現場では人手による作業がたくさんあります。ということは人が工数をかけてこなさなければならない仕事が多いということ。

もし顧客からのオーダーが増えれば人が時間をかけて対応することが求められます。ここで労働時間管理が必要になってくるのです。

望ましい形は月間で毎日どれくらいの時間、何人で仕事をするかが計画されていることです。これは顧客からの予測情報をもらうか、過去の実績から推測するか、あるいは仕事量を一定とし、振れ分は在庫で対応することで立案が可能となります。

やはり会社ですから、行きあたりばったりの仕事の仕方は望ましくありません。あくまでも計画があり、それから外れる分は残業で対応することがよいでしょう。

計画ができれば原則として物流作業者の月間の労働時間が定まります。そうなると個々の作業者単位で月間残業時間や年間残業時間がかなりの確度で予測することができることになります。

長時間労働が問題になるのはこのような「計画」の無い職場で発生します。業務量を予測できないために繁閑差をそのままかぶってしまうことになるのです。

そうなると特に繁忙期は毎日長時間残業が発生するのです。これでは労務管理ができているとは言い難いと思います。

物流現場の管理監督者の方がまずやらなければならないのは業務計画を立案することです。月次計画をきちんと作成し、その計画通りに業務運営ができるように努力していくことです。

中期的に見て繁閑差が大きくなりそうであれば業務を前倒しで行い、その分を在庫で抱えることを認めることです。

業務量が多い月には何度か休日出勤を計画しなければならないかもしれません。これもあらかじめ「わかっていること」でしょうから突発は避けることができるはずです。

残業に関する労使協定を結んでいる会社がほとんどかと思いますが、実際に実績管理をきちんとできている会社は多くないかもしれません。

しかし物流現場の労務管理では労働時間管理は基本中の基本ですから、まずこれができるしくみを確立されることをお勧めします。

次回に続きます。


■『3つの役割を果たす!構内物流改善の進め方』

グロースベースさんとKein物流改善研究所との協働制作講座が完成しました!
物流のE-learningはめずらいしいかもしれません。一部無料で見られますので皆さんもアクセスしてみて下さい。

https://www.kaizen-base.com/contents/logi-42826/

■日刊工業新聞社 工場管理 好評連載中!

 「工場全体を効率化できる 物流のトリセツ
『第8回 物流による生産コントロール』」

 http://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0007

■「工場内物流改善の基礎実務」研修を名古屋と東京で実施します!

 「生産ラインの効率を引き出す物流改善!」

詳細はそれぞれ以下からご覧ください!

 名古屋:5月16日(火)
http://www.tmainc.co.jp/seminor/top/2945/

 東京 :5月30日(火)
http://www.tmainc.co.jp/seminor/top/2947/

■日刊工業新聞社 プレス技術 好評連載中!

 「暗黒大陸の物流改善大作戦 ~プレス工場を大変身させる秘密の裏ワザ~ 
   『第19回 調達物流改善の取組み(下)』」

 http://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0003

物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

Kein物流改善研究所

神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台17-1-218 

 

TEL:045-350-2367

代表/受付時間10~18時)

 

email;kaizen@keinlogi.jp

 

対象地域

日本全国各地

 

お気軽にご相談ください

物流改善ブログ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に更新しています。

「収益向上に貢献する物流コスト改善のコツ」

http://blog.livedoor.jp/gz0210/

物流改善メルマガ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に発信しています。

「会社収益がみるみる向上する!

 1分でわかる物流コスト改善の

 ツボ」

http://www.mag2.com/m/0001069860.html

お勧めサイト

経営コンサルタント探しの「経営堂」

「IT企業専門の会計士事務所」

山田経営会計事務所

http://www.cpayamada.jp/

プロセスと結果で時代の変化に対応する

株式会社キーロジ

http://www.key-logi.com/

Facebook

Twitter