物流現状把握の重要性(3) 荷役の現状把握

荷役作業とは保管や輸送を行う際にそれに付随して発生する作業のことを指します。フォークリフトでものを出し入れしたりピッキング作業を行ったりする作業は荷役に当たります。

人の行う作業が中心になりますので作業が効率よく行われているかどうかがポイントになると思われます。

物流作業では個々の作業が効率よく行われているかどうかを確認するとともに、作業と作業の組み合わせが効率よくできているかについても確認する必要があります。

前者の場合は稼働分析を行って現状把握を行います。手法はワークサンプリングを行えばよいでしょう。ワークサンプリングとは一定の間隔で調査対象が何を行っているかを確認していく方法です。

たとえば15秒おきにピッキング作業者を観察し、その時に何をやっているのかをチェックします。ものを取っているのか、歩行しているのか、オーダーシートを確認しているのかなど、その時点で作業者が実施していた内容を記録用紙に書いていきます。

後者についてですが、これは作業編成の問題です。一人の作業者が一日複数の作業を行う時に作業と作業の間隔が空きすぎないようになっているかがポイントになります。

この間隔が空くとその時間は「手待ち時間」になります。つまり付加価値を生み出すことのできない時間となるわけです。

本来であれば手待ちが発生したらその時は「何もやらずにその場に立っている」ことが望ましいのですが、実際はそうではないケースがあります。

たとえば掃除をしたり、空箱を整理したりといった余計なことをしてしまう可能性があるのです。これは手待ちは恥ずかしいことだという認識があり、体を動かしてしまうのですがこういった行為は必ずしも望ましいことではありません。

なぜならそういった行為をしていると、それがあたかも「仕事をしているように見えてしまう」からなのです。厳しい言い方をするとそれは「手待ち隠し」ということになります。

「手待ち」は「手待ち」として明確化することが重要なのです。手待ちは明らかなムダであり、ムダを顕在化させることが次の改善につながるのです。

ではこの作業と作業の組み合わせが効率よくできているかについてどのように確認していけばよいでしょうか。

一つのやり方として「連続稼働分析」があります。この分析は一人の作業者に一人の観測者がついて始業から終業まで何を実施しているかについて細かく記録していく方法です。

これを実施すれば作業間の時間がどれくらいあるのか、その間に作業者がどのような動きをしているのかがわかります。

次回に続きます。


■10月23日(金) ≪第14回≫ メーカー・流通研究会 を実施します!

~体を動かして学ぶ! 体感型物流改善塾第三弾~
倉庫内作業を改善せよ! ~梱包作業改善編~

もしかしたら以下のように感じていらっしゃいませんか??

☑ 何度も物流改善講座に参加してみたものの今一つしっくりこない
☑ 講座で学んだ理論はわかるけど実践に移せない
☑ 満足いく物流改善講座が見つからない   

これ以上時間を無駄にしないでください!!

物流改善を実践するためには理論と実践を学ぶことが必要であることは言うまでもありません。ところが巷にあふれている講座は一般的な改善手法を教え込もうとするため、講師が一方的に話をする形式が多いのではないでしょうか。でもそれでは会社に戻って実改善を行う、すなわち再現性の観点からは十分ではありません。しかも実際に物流改善をほとんど経験したことが無い講師によるセミナーだったとしたら時間とお金のムダになる可能性があります。

実のある改善知識を身に付けるためには「手と体を動かして下さい!」

改善経験豊富な講師がやさしくわかりやすく皆さんをリードいたします。

今回のテーマは「梱包作業改善」です。梱包作業の効率を上げたい、梱包不良を無くしたい、作業負荷を軽くしたい、このように考えている方はぜひご参加下さい!

【問い合わせ先:国際物流総合研究所】http://www.e-butsuryu.jp/seminars/513

■講演DVDが発売されました!

 「成功の秘訣はココにあった!達人が伝授する荷主会社のための物流アウトソース戦略 」

 http://ebrainshop01.free.makeshop.jp/shopdetail/000000000151/

■日刊工業新聞社 工場管理 新連載スタート!

 「物流筋力を高めろ! 物流キーマンパワーアップ道場・第3回
『製造作業者が認識すべき物流知識』」

 http://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0007

★物流インターネットセミナーを始めました!★ ダイジェスト版をご覧いただけます!

『成功の秘訣はココにあった!達人が伝授する荷主会社のための物流アウトソース戦略』
https://www.youtube.com/watch?v=cX5M0n9tA-Y

『中小物流会社のための事業拡大戦略~荷主会社OBが本音で語る 取引したくなる物流会社~』
https://www.youtube.com/watch?v=QarBkSVoxCI

『消費増税はライバルより一歩抜きん出る絶好のチャンスだ!~荷主から選ばれる会社に変身する黄金ルール』
https://www.youtube.com/watch?v=ZBw0o-_BlnE

物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/


Kein物流改善研究所

神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台17-1-218 

 

TEL:045-350-2367

代表/受付時間10~18時)

 

email;kaizen@keinlogi.jp

 

対象地域

日本全国各地

 

お気軽にご相談ください

物流改善ブログ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に更新しています。

「収益向上に貢献する物流コスト改善のコツ」

http://blog.livedoor.jp/gz0210/

物流改善メルマガ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に発信しています。

「会社収益がみるみる向上する!

 1分でわかる物流コスト改善の

 ツボ」

http://www.mag2.com/m/0001069860.html

お勧めサイト

経営コンサルタント探しの「経営堂」

「IT企業専門の会計士事務所」

山田経営会計事務所

http://www.cpayamada.jp/

プロセスと結果で時代の変化に対応する

株式会社キーロジ

http://www.key-logi.com/

Facebook

Twitter