物流現状把握の重要性(7) 物流KPI

簡単に物流のパフォーマンスを測ることができるKPIについて考えてみましょう。物流にはさまざまな業務がありますからKPIの種類は多岐にわたります。

倉庫でも工場でも共通に使えるKPIとして一人一時間あたり処理数が挙げられるでしょう。このKPIはいろいろな業務に応用できますのでぜひ覚えておいて下さい。

もし運搬作業であればこのKPIは「一人一時間あたり運搬量」ということになります。ここで取り決めておかなければならないのは運搬量の定義です。

物流では一般的には㎥やトンが使われます。ということでこのいずれかということで始めてみてはいかがかと思います。

主として嵩が張るものを扱っているのであれば「㎥」、重たいものを扱っているのであれば「トン」でよいと思います。

これを「箱数」とすることもありだと思います。要は「容易にその基礎データを把握できるか」です。いくつものデータを引っ張り出して計算しなければつかめないKPIは長続きしません。シンプルイズザベストです。

ピッキング作業であれば「一人一時間あたり処理件数」となります。処理件数は個数であったりオーダー件数であったりします。

物流業界では「ピッキング行数」をデータに持ってくる指標を使うことが多いようです。「行数」てゃ聞き慣れない言葉かもしれません。これはオーダーシートの中にある「オーダー」のことを示しています。一行の中に一つの品目をいくつ、と表現されていることが多いと思います。

将来的に市場ベンチマークをするのであればこういった今あるKPIに合わせておくことも一つの方法です。

まずは無理せずにその会社ですぐに把握できるデータを使ってKPIとしましょう。

別の角度から見ると「一出荷あたり労働時間」というKPIも考えられると思います。一回の出荷にどれくらいの労働時間をかけているかという指標になります。

その物流現場でかけている経費が把握できればもう少し高度化した物流KPIを設定することができます。この経費には人件費や倉庫費、設備費や燃料費、本社経費などさまざまな費目が含まれます。

これをデータで持って来て「売上高」と比較してみましょう。つまり売上高物流経費比率というKPIが出来上がるのです。

まず物流現状把握では実態を客観的に示す数値データが必要になるのです。そこで簡単なKPIを作ってそれを運用していくことが望ましいと思われるのです。

最初は無理せず、あまり背伸びせずに数値管理を始めてみましょう。

次回に続きます。


■10月23日(金) ≪第14回≫ メーカー・流通研究会 を実施します!

~体を動かして学ぶ! 体感型物流改善塾第三弾~
倉庫内作業を改善せよ! ~梱包作業改善編~

もしかしたら以下のように感じていらっしゃいませんか??

☑ 何度も物流改善講座に参加してみたものの今一つしっくりこない
☑ 講座で学んだ理論はわかるけど実践に移せない
☑ 満足いく物流改善講座が見つからない   

これ以上時間を無駄にしないでください!!

物流改善を実践するためには理論と実践を学ぶことが必要であることは言うまでもありません。ところが巷にあふれている講座は一般的な改善手法を教え込もうとするため、講師が一方的に話をする形式が多いのではないでしょうか。でもそれでは会社に戻って実改善を行う、すなわち再現性の観点からは十分ではありません。しかも実際に物流改善をほとんど経験したことが無い講師によるセミナーだったとしたら時間とお金のムダになる可能性があります。

実のある改善知識を身に付けるためには「手と体を動かして下さい!」

改善経験豊富な講師がやさしくわかりやすく皆さんをリードいたします。

今回のテーマは「梱包作業改善」です。梱包作業の効率を上げたい、梱包不良を無くしたい、作業負荷を軽くしたい、このように考えている方はぜひご参加下さい!

【問い合わせ先:国際物流総合研究所】http://www.e-butsuryu.jp/seminars/513

■講演DVDが発売されました!

 「成功の秘訣はココにあった!達人が伝授する荷主会社のための物流アウトソース戦略 」

 http://ebrainshop01.free.makeshop.jp/shopdetail/000000000151/

■日刊工業新聞社 工場管理 好評連載中!

 「物流筋力を高めろ! 物流キーマンパワーアップ道場・第3回
『製造作業者が認識すべき物流知識』」

 http://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0007

■日刊工業新聞社 プレス技術 新連載スタート!

 「暗黒大陸の物流改善大作戦 ~プレス工場を大変身させる秘密の裏ワザ~ 
  『第1回 物流の全体像を把握しよう』」

 http://pub.nikkan.co.jp/magazines/detail/00000568#index

★物流インターネットセミナーを始めました!★ ダイジェスト版をご覧いただけます!

『成功の秘訣はココにあった!達人が伝授する荷主会社のための物流アウトソース戦略』
https://www.youtube.com/watch?v=cX5M0n9tA-Y

『中小物流会社のための事業拡大戦略~荷主会社OBが本音で語る 取引したくなる物流会社~』
https://www.youtube.com/watch?v=QarBkSVoxCI

『消費増税はライバルより一歩抜きん出る絶好のチャンスだ!~荷主から選ばれる会社に変身する黄金ルール』
https://www.youtube.com/watch?v=ZBw0o-_BlnE

物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/


Kein物流改善研究所

神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台17-1-218 

 

TEL:045-350-2367

代表/受付時間10~18時)

 

email;kaizen@keinlogi.jp

 

対象地域

日本全国各地

 

お気軽にご相談ください

物流改善ブログ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に更新しています。

「収益向上に貢献する物流コスト改善のコツ」

http://blog.livedoor.jp/gz0210/

物流改善メルマガ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に発信しています。

「会社収益がみるみる向上する!

 1分でわかる物流コスト改善の

 ツボ」

http://www.mag2.com/m/0001069860.html

お勧めサイト

経営コンサルタント探しの「経営堂」

「IT企業専門の会計士事務所」

山田経営会計事務所

http://www.cpayamada.jp/

プロセスと結果で時代の変化に対応する

株式会社キーロジ

http://www.key-logi.com/

Facebook

Twitter