物流BCPについて考える(10) ビジネス・インパクト分析

事業継続の考え方の特徴として、理由を問わず企業が事業を停止した場合に、その停止期間がどの程度企業に影響を与えるのかを評価し、事業としていつまで耐えられるのかの目標復旧時間を設定することがあります。

この影響度の評価の結果を踏まえて、継続が求められる重要業務は何かを決定し、復旧の優先順位を設定することになるのです。

また併せて目標復旧時間を確保するために障害となる重要な要素(ボトルネック)を抽出することになります。

こういった影響度の評価はビジネス・インパクト分析と呼ばれます。

まず主だった製品やサービスの供給停止が発生したと仮定しましょう。この時にその供給停止が企業経営に及ぼす影響を評価します。

具体的には、生産量の減少、利益損失、賠償責任金額、信用失墜(顧客離れ)、資金繰りの悪化などの面から評価し、企業がどの程度までの停止期間に耐えられるのかの判断を行うのです。

この影響度評価は、事業を継続するために優先的に継続が必要となる重要業務を見極めるために必要なものになります。

配送が停止した場合の影響度評価と目標復旧時間の設定について考えてみましょう。

取引先X社は製造業であり、配送が停止すると工場の生産ラインが止まることになります。この場合、取引先に大きな損害を及ぼすことになりますが、工場には4時間程度の在庫があると推定できる場合、配送中断時間の影響は次のようになります。
・ 0.5時間未満 影響はなし
・ 1~2時間   影響度は小
・ 2~4時間   影響度は中
・ 4時間超    影響度は大

したがって目標復旧時間は余裕を見て3時間と設定することになります。

取引先によってはすでにBCPを策定済みで、地震等の災害があった場合の目標復旧時間を定めている場合があります。そのデータも参考にしつつ、自社の目標復旧時間を定めることも一つのやり方です。

次回に続きます。


■ 新着セミナー情報 

1.久しぶりにメーカー物流研究会を実施します!

  「人材不足時代の処方箋 物流作業生産性を見える化し効率化を図れ
   ~構内物流生産性把握とムダ取りの実践~」

 2019年4月5日(金) 13:00~16:40
 国際物流総合研究所 セミナールーム

 詳細は以下からお願いいたします。
 https://www.e-butsuryu.jp/event/1778/

2.名古屋で輸送改善のセミナーを実施します!

  「~運賃値上げに打ち克つ!~ 輸送改善の取り組み方」

 2019年4月12日(金) 10:00~16:30
 愛知県産業労働センター 「ウインクあいち」

 詳細は以下からお願いいたします。
 http://www.tmainc.co.jp/seminor/top/3469/

3.東京で輸送改善のセミナーを実施します!

  「物流コストの約60%を占める輸送費大幅削減の実践
    ドライバー不足時代は改善で乗り切れる!」

 2019年4月16日(火) 10:00~17:00
 千代田区平河町近隣の会議室

 詳細は以下からお願いいたします。
 http://www.j-ie.com/activity/ie-seminar/ie-specialty/post-34287/

4.東京で構内物流改善のセミナーを実施します!

  「工場の効率を劇的に向上させる
   構内物流の果たすべき役割」

 2019年5月15日(水) 10:00~17:00
 千代田区平河町近隣の会議室

 詳細は以下からお願いいたします。
 http://www.j-ie.com/activity/ie-seminar/manufacturing-innovation/post-16963/

5.東京で構内物流改善のセミナーを実施します!

  「3ステップ式 構内物流カイゼンの具体的な進め方」

 2019年 5月23日(木) 10:00~17:00
 日刊工業新聞社 東京本社 セミナールーム

 詳細は以下からお願いいたします。
 https://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/2527


■『3つの役割を果たす!構内物流改善の進め方』

カイゼンベース株式会社とKein物流改善研究所との協働制作講座が完成しました!
物流のE-learningは珍しいかもしれません。一部無料で見られますので皆さんもアクセスしてみて下さいね。

https://www.kaizen-base.com/contents/logi-42826/

■ 日刊工業新聞社 工場管理 4月号 好評連載中!

 「工場物流進化論~物流変革時代を乗り切るヒント
  最終回  今後の物流変化を予測する」

 http://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0007

物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

Kein物流改善研究所

神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台17-1-218 

 

TEL:045-350-2367

代表/受付時間10~18時)

 

email;kaizen@keinlogi.jp

 

対象地域

日本全国各地

 

お気軽にご相談ください

物流改善ブログ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に更新しています。

「収益向上に貢献する物流コスト改善のコツ」

http://blog.livedoor.jp/gz0210/

物流改善メルマガ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に発信しています。

「会社収益がみるみる向上する!

 1分でわかる物流コスト改善の

 ツボ」

http://www.mag2.com/m/0001069860.html

お勧めサイト

経営コンサルタント探しの「経営堂」

「IT企業専門の会計士事務所」

山田経営会計事務所

http://www.cpayamada.jp/

プロセスと結果で時代の変化に対応する

株式会社キーロジ

http://www.key-logi.com/

Facebook

Twitter