荷姿の目的とは(3) 輸送用荷姿は戦略的に

工場の中で供給用に使う荷姿は、中身を入れすぎないようにしなければなりません。物流効率から見るとたくさんの部品を一度に運べることがベターですが、あくまでも供給先であるお客様は生産工程です。

生産工程ではあまりにもぎっしりと詰め込まれた荷姿だと中身を取り出す際に「やりにくさ」が発生してしまいます。

そこで自分たちが運搬上の品質を保護する目的である荷姿は、お客様の要望を優先し、「取り出しやすい」荷姿とする必要があります。

ではこの運搬距離が長距離に及ぶ場合はいかがでしょうか。長距離運搬は一般的にトラックや鉄道、船舶で行います。

その場合はやはり物流コストが最小になる荷姿を考えなければなりません。つまりできるだけ一度に多くのものを運べることが理想となり、それに適した荷姿が求められます。

ただ単純に今目の前にある箱にぎゅうぎゅう詰めにすることではありません。むしろもう少し戦略的に実施していく必要があります。

ではどのような戦略が求められるのでしょうか。よく行われていることは、一番よく利用する輸送手段をベースに荷姿を考えることです。

たとえば海上コンテナを使って輸出をするケースで考えてみましょう。その場合、40フィートコンテナか20フィートコンテナを使うことになります。

40フィートコンテナを使う場合、そのコンテナ内にぴったりとはまる荷姿を考えます。つまりコンテナを縦に横に「輪切り」にしていった際にできる直方体を容器とするのです。

こうすることで、原則として満載で運べば無条件でデッドスペースが無くなることになります。では皆さんが日ごろ使っているトラックではこのようになっていますでしょうか。

10トントラックは1.1系パレットとは相性が悪いため、いっぱいに積んでも必ずデッドスペースができてしまいます。

ですから国際物流に限らず、国内物流においても同じ考え方をすることが必要になるのです。これが荷姿戦略だということになります。

複数の容器があったとしても、お互い積み重ねが可能となることも忘れてはなりません。もし輸送コストを管理する立場にいたとしたら、あなたのための荷姿です。

ぜひ輸送時にロスの出ない荷姿を考えていきましょう。


■『3つの役割を果たす!構内物流改善の進め方』

株式会社グロースベースとKein物流改善研究所との協働制作講座が完成しました!
物流のE-learningは珍しいかもしれません。一部無料で見られますので皆さんもアクセスしてみて下さいね。

https://www.kaizen-base.com/contents/logi-42826/

■「構内物流改善のセミナー」を東京で実施します!

 「生産ラインを高効率にする!高品質な製品をつくる!
  3ステップ式構内物流カイゼンの具体的な進め方
 ~陥りやすい物流改革の勘違いと是正方法を理解し、構内物流で生産統制を行う~」

 開催日:2017年6月20日(火)
時 間:10:00~17:00
会 場:日刊工業新聞社 東京本社 セミナールーム

 詳細は以下からご覧ください!
 https://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/798

■梱包・出荷効率化のためのセミナー」を大阪で実施します!

 「梱包・出荷ライン
  ポカミス防止と作業効率向上」

 実際に簡単な梱包作業を実施しながら、品質向上と作業性向上を学ぶ 体感型講座です。

 開催日:2017年6月15日(木)
時 間:10:00~17:00
会 場:大阪府工業協会 研修室

詳細は以下からご覧ください!
http://www.opmia.or.jp/seminar/2663

■「物流標準時間に関する講座」を東京で実施します!

 「物流作業生産性を劇的に向上する魔法のツール
  物流標準時間の導入とその活用法」

 開催日:2017年6月13日(火)
時 間:10:00~17:00
会 場:東京・渋谷近辺の会議室

詳細は以下からご覧ください!
http://www.j-ie.com/activity/ie-seminar/management-innovation/post-18713/

■日刊工業新聞社 工場管理 6月号 好評連載中!

 「工場全体を効率化できる 物流のトリセツ
『第9回 ジャスト・イン・タイム調達の実行(上)』」

 http://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0007

■日刊工業新聞社 プレス技術 6月号 好評連載中!

 「暗黒大陸の物流改善大作戦 ~プレス工場を大変身させる秘密の裏ワザ~ 
   『第21回 物流委託先マネジメント』」

 http://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0003

物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

Kein物流改善研究所

神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台17-1-218 

 

TEL:045-350-2367

代表/受付時間10~18時)

 

email;kaizen@keinlogi.jp

 

対象地域

日本全国各地

 

お気軽にご相談ください

物流改善ブログ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に更新しています。

「収益向上に貢献する物流コスト改善のコツ」

http://blog.livedoor.jp/gz0210/

物流改善メルマガ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に発信しています。

「会社収益がみるみる向上する!

 1分でわかる物流コスト改善の

 ツボ」

http://www.mag2.com/m/0001069860.html

お勧めサイト

経営コンサルタント探しの「経営堂」

「IT企業専門の会計士事務所」

山田経営会計事務所

http://www.cpayamada.jp/

プロセスと結果で時代の変化に対応する

株式会社キーロジ

http://www.key-logi.com/

Facebook

Twitter