誤解されがちな物流マンの知識(2) 調達知識

自社は運送事業者なので「運送に関する知識」はあるけれど、倉庫内作業や在庫に関する知識は持っていないという会社は多いと思われます。

それは「荷主の領域」だから我々には関係ないと言い切ってしまう事業者もいます。もちろん仕事は現状維持、取引先も現状維持で十分、という会社であればこのような対応でももしかしたらよいのかもしれません。

ただし世の中の動きや変化は激しさを増していますから多分このような事業者は淘汰される傾向にあるのでしょう。

何せ日本には6万2000社の運送会社がいるわけです。これでは過当競争になるうえ場合によってはコンプライアンス違反を犯している会社が含まれている可能性があります。

少なくともコンプライアンス違反を犯してまで事業を継続している会社には市場から退場していただく必要があるのではないでしょうか。

さて話を戻しましょう。

前回の最後にリードタイムの話を出しました。お客様からの発注が入ってからお届けするまでのリードタイム短縮につきましては誰しも考えるところです。

これをもっと上流にさかのぼって考えてみましょう。ものの調達も物流として持っておくべき知識の一つです。特に調達リードタイムなどは物流にもかかわってくるところですから。

この調達リードタイムが長いと調達品の在庫が増えます。荷主にとってこれは望ましい状況ではないということを理解しなければならないでしょう。

一方で「まとめて買うことで単価が下がる」という事実もあります。リードタイムを短縮したいと考えている荷主に対して常日頃調達品の輸送や在庫管理を行っている物流会社はどのようなアドバイスをしたらよいでしょうか。

できれば「購買知識」を身に付け、調達先との交渉術なども身に付けておくとよいかもしれません。また調達先の物流改善指導を行うことで調達コストを下げ、リードタイム短縮にも寄与することができる可能性があります。

サプライチェーンの入り口は「ものの調達」ですから、物流会社がこの調達に関する知識は必須であると考えられます。

この調達に絡め「下請法」の知識も身に付けておいた方がよさそうです。ユーザーである荷主がこの下請法の知識を身に付けていないために法令違反を犯してしまうことがあります。

このような状況を回避するためにも物流会社側が調達品の管理をするとともに下請法の観点からアドバイスをしてあげられればバリューが高まるのではないでしょうか。

次回に続きます。


■大阪で講演を行います!
 
 「勝つための物流力向上~メーカーサプライチェーンを支えるカギ~」

 私たちロジスティクスに携わる者は輸送・保管・荷役・包装・流通加工といった物流5機能だけにとらわれてはならない。それは物流という「点」を管理するにすぎないからである。これからはさらに視野を広げ、ものづくりや在庫などを含めた「面」をマネジメントできる人財が求められる。サプライチェーンとは何か、その最適化と進化のカギは何か。メーカーサプライチェーンのスペシャリストが勝つための物流力向上について解説する。

 関西生産性本部 ロジスティクス研究会 2015年度
 「物流が拓く~勝つためのロジスティクスビジネス~」

http://www.kpcnet.or.jp/seminar/?mode=show&seq=1591

■講演DVDが発売されました!

 「成功の秘訣はココにあった!達人が伝授する荷主会社のための物流アウトソース戦略 」

 http://ebrainshop01.free.makeshop.jp/shopdetail/000000000151/

■日刊工業新聞社 工場管理 に連載中!

 「工場はまだまだ改善余地がいっぱい!
         工場管理者のための物流改善ネタ出し講座」

  5月号 第10回 宝の山を掘ろう 輸送編

 http://pub.nikkan.co.jp/magazines/detail/00000516

★物流インターネットセミナーを始めました!★ ダイジェスト版をご覧いただけます!

『成功の秘訣はココにあった!達人が伝授する荷主会社のための物流アウトソース戦略』
https://www.youtube.com/watch?v=cX5M0n9tA-Y

『中小物流会社のための事業拡大戦略~荷主会社OBが本音で語る 取引したくなる物流会社~』
https://www.youtube.com/watch?v=QarBkSVoxCI

『消費増税はライバルより一歩抜きん出る絶好のチャンスだ!~荷主から選ばれる会社に変身する黄金ルール』
https://www.youtube.com/watch?v=ZBw0o-_BlnE


物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/


Kein物流改善研究所

神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台17-1-218 

 

TEL:045-350-2367

代表/受付時間10~18時)

 

email;kaizen@keinlogi.jp

 

対象地域

日本全国各地

 

お気軽にご相談ください

物流改善ブログ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に更新しています。

「収益向上に貢献する物流コスト改善のコツ」

http://blog.livedoor.jp/gz0210/

物流改善メルマガ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に発信しています。

「会社収益がみるみる向上する!

 1分でわかる物流コスト改善の

 ツボ」

http://www.mag2.com/m/0001069860.html

お勧めサイト

経営コンサルタント探しの「経営堂」

「IT企業専門の会計士事務所」

山田経営会計事務所

http://www.cpayamada.jp/

プロセスと結果で時代の変化に対応する

株式会社キーロジ

http://www.key-logi.com/

Facebook

Twitter