輸送能力確保に向けての取り組み トラックドライバーの高齢化

日本国内のトラック輸送が危機を迎えることになるかもしれません。最近特にトラックはあるもののドライバーがいないため顧客のニーズに応えられないという現象が起き始めています。

東北の震災復興需要や2020年の東京オリンピック開催に向けて資材等の輸送がピークを迎えます。一方でその他の輸送について果たして従来のように満足な供給能力を確保できるかが問題になりつつあるのです。

今後トラック輸送を中心とした輸送能力の確保が問題になるその大きな理由は何でしょうか。実はドライバーの高年齢化が挙げられるのです。

ちょっとデータを紐解いてみましょう。

普通トラックの20歳代のドライバーは1993年に37.8%を占めていましたが、2011年には9.4%へと激減しています。

一方で普通トラックの40歳代以上のドライバーは1993年に37%でしたが、2011年には59.4%へと大きく増えているのです。  

このドライバーの高齢化は大型トラックではさらに深刻になります。1993年に20歳代以下は15.1%でしたが、2011年には3.6%です。

一方で40歳代以上は72.7%でほぼ4人に3人が40歳代以上だということになります。

ではなぜこのような現象が起きているのでしょうか。主に2つの理由が挙げられています。

1.トラック運送業界の賃金水準の低下
  (時間当たりの平均賃金は他産業と比べても低い水準)
2.過当競争がもたらす、運賃の長期低迷が原因という評価

かつては働き方次第で高給が取れる職種だと言われたトラックドライバーも今や競争が厳しく、給与の安い職業だということになってしまったのです。

若い人がこの職に就きたがりませんから、今までのドライバーがそのまま年を取り、仕事を継続しているといった構図になっているのです。

次回に続きます。


物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

工場管理 好評連載中! 2月号「工場収益をメキメキ向上させる!工場管理者のための物流アウトソース成功の秘訣 第5回 正しい物流アウトソースのステップ(3)」
http://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0007

Kein物流改善研究所

神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台17-1-218 

 

TEL:045-350-2367

代表/受付時間10~18時)

 

email;kaizen@keinlogi.jp

 

対象地域

日本全国各地

 

お気軽にご相談ください

物流改善ブログ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に更新しています。

「収益向上に貢献する物流コスト改善のコツ」

http://blog.livedoor.jp/gz0210/

物流改善メルマガ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に発信しています。

「会社収益がみるみる向上する!

 1分でわかる物流コスト改善の

 ツボ」

http://www.mag2.com/m/0001069860.html

お勧めサイト

経営コンサルタント探しの「経営堂」

「IT企業専門の会計士事務所」

山田経営会計事務所

http://www.cpayamada.jp/

プロセスと結果で時代の変化に対応する

株式会社キーロジ

http://www.key-logi.com/

Facebook

Twitter