輸配送改善のポイント(5) 物流データの重要性

輸配送を管理していくため、そして改善していくために欠かせないものが「物流データ」です。当たり前に聞こえるかもしれませんが意外とこれが整備できていない会社は多いものです。

物流データとは荷姿データ、つまり荷姿の縦横高さの寸法、そして荷姿重量です。さらにその荷姿の入数、製品単体重量と容器重量です。

これらのデータがないと正確な配車はできません。大体の勘による配車はできますが、多くの場合ロスをたくさん抱えた配車になりがちです。

また出荷場でトラックに荷を積み込むときに、荷台に隙間があるからといって感覚で積み込んでいくと「過積載」になる可能性があります。

このリスクはきちんと計算しながら積み込むことで回避することができます。皆さんの会社ではこのような物流データは揃っていますでしょうか。

もし揃っていないようでしたら今からデータ収集を開始しましょう。現場で実際に測定することでデータを集めている会社はいくらでもあります。

このデータからも改善点を導き出すことができます。たとえば荷姿重量を整備した時に、製品重量よりも容器重量の方が重いという現状に気づくことがあります。

せっかく製品を軽量化しても、容器の軽量化が進んでいないのです。容器の材料や構成部品を個々に見ていくことで軽量化を狙う必要があります。

この良い事例が「ビール」です。ビールは水物ですからトラック輸送時には重量勝ちになります。ということは荷台の空間が埋まる前に重量で満載になってしまうのです。

つまり荷台に隙間ができる可能性があるということです。そこでビールメーカーは容器の軽量化を図りました。

ビール瓶と缶の材料と肉厚などを変更することで容器自体の軽量化を測り、中身と容器を合わせた重量を小さくすることでトラックにより多くの製品を積めるようにしたわけです。

荷姿寸法からも改善の余地が見えてきます。たとえばトラックに目いっぱい積んだ時の隙間です。よく荷台の後方に隙間を見かけますが、容器自体がトラックに合っていないことで発生するムダです。

これらは一例にすぎません。物流データを作成していくことを通して精度の高い配車のみならず物流上の改善点を見つけることができるのです。

次回に続きます。


■名古屋でセミナーを実施します!

 『物流標準時間活用による物流管理
 ~物流作業の生産性を劇的に向上する魔法のツール~』

日時:平成29年11月10日(金) 10:00~16:30
   (昼食をご用意しております。)

会場:愛知県産業労働センター 「ウインクあいち」
   名古屋駅より徒歩約2分

お申し込みは以下からお願いいたします。
http://www.tmainc.co.jp/seminor/top/3011/

■『3つの役割を果たす!構内物流改善の進め方』

株式会社グロースベースとKein物流改善研究所との協働制作講座が完成しました!
物流のE-learningは珍しいかもしれません。一部無料で見られますので皆さんもアクセスしてみて下さいね。

https://www.kaizen-base.com/contents/logi-42826/

■日刊工業新聞社 工場管理 10月号 好評連載中!

 「工場全体を効率化できる 物流のトリセツ
『第13回 正しい物流アウトソースの進め方(中)』」

 http://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0007

物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

Kein物流改善研究所

神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台17-1-218 

 

TEL:045-350-2367

代表/受付時間10~18時)

 

email;kaizen@keinlogi.jp

 

対象地域

日本全国各地

 

お気軽にご相談ください

物流改善ブログ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に更新しています。

「収益向上に貢献する物流コスト改善のコツ」

http://blog.livedoor.jp/gz0210/

物流改善メルマガ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に発信しています。

「会社収益がみるみる向上する!

 1分でわかる物流コスト改善の

 ツボ」

http://www.mag2.com/m/0001069860.html

お勧めサイト

経営コンサルタント探しの「経営堂」

「IT企業専門の会計士事務所」

山田経営会計事務所

http://www.cpayamada.jp/

プロセスと結果で時代の変化に対応する

株式会社キーロジ

http://www.key-logi.com/

Facebook

Twitter