5S活動再考(2)(物流コンサルタントの日々改善)

5S活動を効果的にするために最初に合意しておくことが必要なことはなんでしょうか。それは「決められたことをきちんと守る」ということです。当たり前のようなことですがこれが結構難しいようです。

過去に5S活動に取り組んだけれどしばらく経つと元に戻ってしまった、という話がよくあります。せっかく時間を投資して活動をしたのに元に戻ってしまうのでは非常にもったいないことです。

このケースでは真の5S活動はできていなかったことになります。元に戻ってしまったということは、「しつけ」の部分がしっかりとしていなかったということになるのです。

この「しつけ」についても当たり前だから、ということで手を付けない会社があります。会社としてモラルが完璧であればあえて「しつけ」などということもないのかもしれません。

しかし大半の会社では当たり前のことができていないのです。特に「しつけ」の部分を軽視しがちなのが日本企業です。それは性善説に立っているかと言えるかもしれません。

海外では性悪説を前提にしていることの方が多いかもしれません。だからこそ5S活動の効果は大きく、いったん決められたことをはきちんと守ろうという意識が働くのでしょう。

いかなる理由があってもこの合意事項は厳守されなければなりません。これを大前提に5S活動をスタートしましょう。

多くの物流現場で残念ながら機能していないことがあります。それが物流の命ともいえる「在庫管理の4原則」です。

(1) 在庫の所在がすぐわかる
(2) 在庫の数がすぐわかる
(3) 先入先出ができる
(4) アクションの緊急度がわかる

この4項目ができていない物流現場が多いことは事実です。まずここから始めなければなりません。実際に在庫の所在がわからずに探し回るムダや、数量をきちんと把握できていなかったために余分なものを発注してしまったというムダも発生しているのです。

在庫を置く場所を定め、先入先出ができるレイアウトとし、最大数量と最小数量・発注や生産指示などのアクションの基準を記した表示を付けるようにしましょう。

次回に続きます。


物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上!」 Kein物流改善研究所
http://www.keinlogi.jp/

工場管理 好評連載中! 7月号「これだけ持って行けば万全!海外工場支援者のための『物流指導7つ道具』 第9回 道具5 物流評価シート(下)」
http://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0007

Logistics Trend 好評連載中! 7月号「物流のiPS細胞を探せ!!製造SCM進化論 第7回工場内部の物流改善(中)」
http://www.logistics-trend.com

Kein物流改善研究所

神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台17-1-218 

 

TEL:045-350-2367

代表/受付時間10~18時)

 

email;kaizen@keinlogi.jp

 

対象地域

日本全国各地

 

お気軽にご相談ください

物流改善ブログ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に更新しています。

「収益向上に貢献する物流コスト改善のコツ」

http://blog.livedoor.jp/gz0210/

物流改善メルマガ

毎週月曜日、水曜日、金曜日に発信しています。

「会社収益がみるみる向上する!

 1分でわかる物流コスト改善の

 ツボ」

http://www.mag2.com/m/0001069860.html

お勧めサイト

経営コンサルタント探しの「経営堂」

「IT企業専門の会計士事務所」

山田経営会計事務所

http://www.cpayamada.jp/

プロセスと結果で時代の変化に対応する

株式会社キーロジ

http://www.key-logi.com/

Facebook

Twitter